経絡導引法と気についての情報を満載したサイトです。気を使った健康法である気功法の紹介、一人でできる呼吸法、気功法や健康法の紹介、呼吸と気に関する話題何でもござれです。
メインメニュー
元気つくり修養会

青梅元氣つくり修養会に行ってきました。

今回も、おいしく、楽しく、健康的に大好評のうちに終了いたしました。

初日は、つつじまつり開催中の塩船観音にて散策する前に、丘陵公園でみんなでお弁当を頂きました。丘陵ということは坂道を登ったり降りたりつまり”歩いた”ということですから、足の裏をほぐす時間をもちました。


つつじはまだ三分咲きだったのですが、白・赤・桃色ととてもきれいでした。かくれんぼが出来るくらい背が高くびっくり。


その後送迎バスにて宿へ。
経絡導引法を行い、
その後贅を尽くした夕食を頂き、お風呂タイム。その後はストレッチ。そして就寝。


二日目の朝食も大満足。その後経絡導引法を行い、お弁当をとって氣の交わりの時間を持ちました。
交感神経と副交感神経を活性化させる手を使ったゲームです。失敗したらバツゲーム!!なんてことはしませんでした。

子ども達はコチラです。
青梅一なが〜いローラー滑り台ですべりまくりました。下にダンボールをしかないとお尻は痛いですよ〜。カキ氷も食べたし、楽しい子どもの日を過ごしました。

次はどこにしようかな〜。

Posted at 2010年05月07日 13時01分54秒  /  コメント( 0 )

5月の修養会のスケジュール決まりました。

5月の元氣つくり修養会のスケジュールが決まりました!

 今回の修養会は、心と身体の健康づくりを目指し

一、 血中酸素濃度の向上と全身の血行促進による全身の細胞の活性化
二、 自律神経の働きの調整〜交換神経・副交感神経のバランスの回復
三、 人体の氣的法則、経絡の基礎的学びとその活用法の修得
四、 血の成分調整・解毒に関わる『肝腎』の働きを高め自然免疫作用の回復


を目標としております。

1. 日時 5月4日(火)〜5月5日(水)一泊二日

2. 場所 青梅市小曽木多喜山温泉旅館

3. 集合 15:30 JR青梅線 河辺駅北口

4.プログラム 予定ですので若干変更の可能性があります。

5月4日
 16:00〜19:00 第1〜2講プログラム
 19:00〜21:00 夕食 休憩
 21:00〜22:00 ストレッチ
    入浴;就寝
5月5日
 8:00〜 9:00  朝食
 9:00〜10:00  荷物整理      
 10:00〜13:00  第3〜4講プログラム
 13:00〜14:00  昼食  
 14:00〜15:00  氣の交わり


5. 費用 1泊3食 25000円

お申し込み・お問い合わせは、 mail:info@keiraku.com へどうぞ。

この機会にぜひ、ご参加下さい。

Posted at 2010年04月16日 15時49分13秒  /  コメント( 0 )

春季元気つくり修養会お行いました。

2010年春季修養会が行われました。 


耳には全身に影響を与えるツボがそろってるってご存知でしたか?

耳を丁寧にもみほぐせば、ダイエットだけじゃなくていろんな効果が・・・。



さらに夜眠れない、なんていう方は肝臓に氣をめぐらしてみると・・・。

今回は、多摩市内で1泊2日で行いました。

ふかふかのベッドで夜も熟睡。
近所の方は、泊まらず通いながらの参加。

2日目解散後は、多摩センターの埋蔵文化センターで火おこしまで体験してみました。

気軽に参加できる修養会スタイルも大好評でした。

東京近郊の方、次はお近くで行うかも知れませんね。

Posted at 2010年03月29日 12時29分32秒  /  コメント( 0 )

楽しかった元気つくり修養会

『私は後、1年ちょっとで80歳にならんとしている女性です。柳橋先生の元気つくり修養会には初回から参加しています。今回は10月末から1泊2日で静岡県御殿場にて行われました。新宿駅西口から高速バスにて一同向かいました。外の風景を眺めながら各自持参したお弁当を食しながら2時間弱で高速道路の渋滞もなく宿泊先に到着しました。


一行は18歳の若者から80歳近くの主婦まで年齢も職業も様々でした。


柳橋先生の講義は分かりやすく楽しくて、人間の生命が大自然の中から生まれてきたことをわかりやすくお話して下さいました。


人間としての気力も法則があること。心の持ち方一つで嫌なこと、ストレスに思うことも楽しく明るく人生も生きていけるように変われる事がある!と学びました。


「人は柔らかく生まれて硬くなって死ぬ!」この先生の教えが強烈に私の心を捉えました。


心と身体は柔らかくなくてはならない。
我を張り過ぎない。
素直に受け入れ、素直に生きる!


夕食後の講義の後、楽しい遊びのレクリエーションで一同お腹を抱えて笑いました。そして入浴・就寝。


翌二日目は講義の後、宿のすぐ近くの秩父宮記念公園にてのお茶会に参加することができました。これは国民文化祭の一つとして静岡県が茶会を催すことになり47年目にて初めて秩父宮様の別邸が入園許可されたというお話でした。
1200坪のお庭の中を秋の草花を眺めつつ和服のご婦人が奏でる琴の音色に迎えられ順番を待ちながら裏千家のお茶を楽しみました。美しい和服姿のご婦人方の沢山参加している中での優雅なひとときでした。


 私は柳橋先生の導引塾へ通う様になってより風邪もひかず、人様より年齢も実年齢より若く見られます。


身体のしくみ、神経と氣の法則、今まで分からなかった事が本当に分かるようになって病気になるのも元気に生きていくのも「自分の心次第だ!」ということがよく分かりました。ぜひ皆さんも次回から参加してみませんか?楽しい修養会でした。』(70代 女性)

Posted at 2010年03月25日 15時39分44秒  /  コメント( 0 )

秋元気つくり修養会に行ってきました。

恒例元気つくり修養会の感想です。

『前回に続いてまた、元気つくり修養会に参加させていただきました。
大自然の中に命の基礎があって、身体の中に生命エネルギーの気が巡ることが大事なことだそうです。
富士山を目の前に、東京では味わえない、新鮮な空気・水・大地のエネルギーを頂き、呼吸法と経絡導引術を教えて頂きました。
また、参加者がかかえている病気の質問に答えて頂き実践と、講義を交えながらのプログラムでした。
知って得する知識と、呼吸法と経絡導引術によって生命エネルギーが活性化する健康法は現代人に必要な健康法だと思います。
アレルギー問題、増え続ける精神疾患、高齢者の健康管理など様々な問題の参考になりました。
次回はどのような話が聞ける楽しみです。』(50代 女性)

Posted at 2010年03月25日 15時36分42秒  /  コメント( 0 )

私の元気づくり修養会参加日記

爽やかな秋、紅葉真っ盛りの御殿場での1泊2日の修養会は、富士山を目前にして、清清しく、心地よく、日ごろのストレスもビューンと飛んでいってしまい、爽やかさと充実感に満たされた中身の一杯入っている、内容の満足できた2日間でした。


 講習会でのお話の中に、「生命は、社会生活をしてゆくための原動力であり、それは「気」として存在し生命エネルギーとして、大自然の中にも小自然である人間の中にもありそのように初めから造られている。また宇宙の法則は自然にも人間にも同じ働きがあり、体の中の気の流れにも法則があり、それに合わせて生きることが大事であること、その気の流れがストレスやいろいろな事情でスムーズに流れなくなり、身体の異常として病になったり社会生活もうまくいかなくなったりする」、と教えて頂きました。


 気の通りを改善する「導引術」を教えていただき、身体が柔らかく感じとてもリラックスできました。手足の末端に導引術を施しただけなのに 自律神経の中の緊張型の交感神経によって少し過敏になっているところがあり、ゆったり型の緩和をもたらせてくれる副交感神経に適正刺激を与えたので、緊張が解けてゆくことがはっきりわかりました。「気のはたらきがよいと、心の状態もよくなる関係性があるのです」 と教えて頂きました。納得するほどの即効性を感じました。


 その後の食事も美味しくいただきました。少し食べすぎ・・・。またレクリエーションでの適正刺激のあるゲームでは、ハラハラ、ドキドキ、興奮したけれどお腹の底から笑いました。久しぶりです。80歳に近い方も、病気にかかっている方も皆さん若々しく元気になられていました。ちょっとした導引術で自分から刺激を与えることで気の流れを変えることができ、こんなにも変化があることが分かりました。これからも毎日、導引術をやって気の流れを整えてゆきたいと思います。
 二日目の秩父宮記念館でのお茶会では普段絶対に入ることのできないお部屋でお茶を頂きましたがこのような機会は47年後の出会いまでなかなかチャンスがないとのことでした。よい出会いに感謝します。


 行き帰りの交通にも恵まれ、最初から最後まで密度の濃いものでした。また次回も、身体に良いこと、楽しいこと、参加して得しちゃったと思えるような講習会にぜひ参加させて下さい。ありがとうございました。』(60代 女性)

Posted at 2010年03月25日 15時36分24秒  /  コメント( 0 )