経絡導引法と気についての情報を満載したサイトです。気を使った健康法である気功法の紹介、一人でできる呼吸法、気功法や健康法の紹介、呼吸と気に関する話題何でもござれです。
メインメニュー
1年を通じて

温熱療法の必要性

顱法‖里隆靄榲な生理代謝は、酵素と呼ばれるたんぱく質の作用による。この酵素が生理代謝を引き起こすには、大体40度以上の温度が必要となる。従って、平均的に低体温体質の人は、全身的に生理代謝が阻害されやすい傾向にあるため、慢性的な倦怠感や疲労を覚え、様々な体調不良に悩むことになる。 「冷えは万病のもと」 といわれる所以である。

髻法|△掘酵素の生理活性は、恒常的に為されなくてはならないものなので、一時的に体温があがる温度変化を与える程度の刺激では、低体温体質による弊害は中々改善されない。ある程度、高体温体質が持続的に続く刺激を体に与えてあげなくてはならない。

鵝法ヾ靄榲に体内の温度維持や分配に最も貢献するメカニズムは、血液循環なのである。だから、血液循環のよいところは、比較的高体温が保たれ、血液自体の供給する栄養分と相俟って酵素による生理代謝が非常によく進む。全身の血液循環を亢進させる状況で、持続的で適度な高温状態を与える刺激こそ、低体温体質の改善に欠かせない。
実は、がん細胞は42度以上の熱に弱いといわれる。風邪で高熱を出すことの多い人に、ガンの発症率が低いという話があるくらいなのである。

堯法.殴襯泪縫Ε牴考瓩筌辧璽螢鵐哀プセルなどの温熱療法によって、全身の血液循環を亢進させつつ、持続的な適温の高温状態を与えることは、体内の流れにくくなっていた、老廃物を排泄しやすい機序をもたらすとともに、全身の各種の酵素を活性化させ、生理代謝を亢進させ、速やかな疲労回復をもたらすのである。

Posted at 2009年05月18日 15時51分37秒  /  コメント( 0 )