経絡導引法と気についての情報を満載したサイトです。気を使った健康法である気功法の紹介、一人でできる呼吸法、気功法や健康法の紹介、呼吸と気に関する話題何でもござれです。
メインメニュー
梅雨に

梅雨を快適に過ごす 〜気の観点から〜

 古来より中国では、人体の氣血の流れがよいときに精神と肉体の健康が増進されるとされてきました。

 血の流れる通り道が「血管」であるのに対し、氣の流れる通り道が「経絡」と呼ばれるものになるのです。血管を通る血と氣の通る経絡は互いに影響しあいながら全身をめぐります。こうした氣血の流れが外界から人体に与える様々な要因(外因)によって阻害されることがあります。このことがその人自身の意識に認識されなくてもそうしたことが起こり、「気」持ちがだるくなったり「気」力が萎えるといったことにつながることを知っておかなくてはなりません。

 古来より中国では外界が人体の気血の流れに及ぼす影響の中で代表的なものを六邪(風・暑・火・湿・燥・寒)といっています。その中で梅雨の季節は、湿度が著しく高い時期になるのでやはり湿邪の影響が大きくなるとされてきました。

 湿邪の特徴は、気血の流れを重く停滞させる重濁性と粘着性にあるといわれます。それゆえ「体重節痛」といって体が何となく重く、節々が固まり痛みやすいといいます。また食物の消化の流れも停滞させ碑腎のはたらき(消化吸収作用)を低下させます。だからこの時期には重くお腹に残りやすい油ぎったものよりはさっぱりとした食事を心がけることも時に適った養生です。そしてふだんよりも食事のときによく咀嚼することを心がけましょう。

 また血の流れを促進する氣の流れは、呼吸作用によって駆動されていますので、氣の流れが停滞しやすいこの時期は呼吸導引法をしっかり行って全身の気血の流れを高めておくとよいでしょう。

 健康と美容を追求する経絡導引塾は新宿曙橋から歩3分です。

Posted at 2009年06月11日 10時55分59秒  /  コメント( 0 )

梅雨の季節には湿邪にご用心

 とかく現代社会の人体にもたらす様々なストレスがよく指摘されますがそもそも大自然の季節の移り変わりなどがどれだけ人体に大きな影響を及ぼしているかも是非知っておく必要があります。
 
 古代中国では季節の変化など人体を取り巻く大自然の変化がどれだけ人体に影響を及ぼしうるか綿密な観察に基づく経験則をつかんでいたのです。そうした経験則の一つに湿邪の影響があります。  
 
 黄河流域でも日本の梅雨のように長く雨がしとしと降り続け比較的湿度の高い日々の続く時期がありその時期が人体にどのような影響を及ぼすかが知られていました。 

 湿邪はまず「下注性」の邪気とも言われ比較的人体の下半身に影響を及ぼすとされます。すなわち下半身のむくみやだるさを引き起こすきっかけとなるというのです。このことは湿邪が「重濁性」の邪気または「粘帯性」の邪気ともいわれていることも関連します。湿邪が関節に入り込みこれを重くさせまた痛みを引き起こすのです。湿邪の「下注性」と「重濁性」「粘帯性」によって下半身の冷えやむくみ、重さ、だるさ、節々の痛みといったものが引き起こされやすい状況があるわけです。

 またもうひとつ湿邪の極めて重要な影響に「脾腎を犯す」があります。すなわち胃腸などの消化吸収能力を損ない、腹部の膨満感や突発性の下痢などを引き起こします。これについてはまた詳しくご紹介します。

 とにかく湿邪の働く時期はこうした人体への影響があることを覚えて自分の身体の状況を把握しましょう。

 なお、大自然の変化とは別に科学繊維の下着やストッキングをはいて過ごすことによっても湿邪のもたらす微細な影響が生じているのです。

健康相談は新宿曙橋の経絡導引塾へ。

Posted at 2009年06月11日 10時55分40秒  /  コメント( 0 )