池袋東口のBAR。新入荷のモルト・旬のおつまみなどオススメ商品の紹介、営業中に皆様から頂いたリクエスト・アンケートに対するお答え、また企画を立てた試飲会などのイベント情報などをメインに公開させていただきます。  ○秘情報も載せるかもしれませんのでお店と共にこちらもよろしくお願い いたします♪            池袋 Barもるとや一同より
2014-10 の記事

ウイスキー入荷!

どうも、こんばんわ!
毎度お馴染み毒島でございます!

今月も入荷モルトのお知らせをします!

それではこちらから!



モルト・オブ・スコットランドより、
イメージ・オブ・アイラ 53.2%
今回は中身はフィンラガンだそうです!
非常に燻製感が強く、爽やかです!




エイコーンよりこの2本
ナチュラルモルトシリーズ
ブリックラディ 1992-2013 21y 57%
フレンズオブオーク
グレンギリー 1989-2013 24y 46%





キングスバリーより
ディーンストン 14y 55.1%





エクスクルーシブとウイスクイーとのコラボボトルから
クライヌリッシュ 1995-18y 57.8%





イチローズモルト秩父からはこの2本!

右から
ウイスキーマーケット2014 秩父 PXカスク 59.7%
J'sバー オリジナルボトル 秩父 6y 61.3%

となっております!
PXカスクは口に含んだ瞬間に濃厚な甘味が広がります!
しかし開けたてのせいか、まだアルコール臭が強く舌に刺激が残ります。
時間をかけて飲むのがいいかもしれません!
J'sバーオリジナルボトルは秩父として出した物の中では一番の長熟だと思います!
以前もるとやでも秩父3年のオリジナルボトルを出しましたが、それも3年とは思えない熟成感にバニラ、ナッツなどの風味があり、バランスの良いウイスキーでした!
しかし、この6年物は更にまとまりがあり、オイリー、バニラ。
61%とは思えない口あたりです!
限定品なのでお早めにお飲み下さい!


最後にもるとや事ですが、
なんと、うちのボスが他のお店でボトルを入れたそうで
嬉しそうに写真を撮ってきました!
その写真がこちら!




え!?
ジョーカーですか?
そしていつの間に作ったのか、名前入りシールまでも・・・
さすがボスと思ってしまった毒島でした!笑

それではまたの機会に!
さらば!


Posted at 2014年10月24日 19時59分09秒  /  コメント( 0 )

10月になってしまった!

気づけばもう10月。
寒くなってきましたねー!
台風直撃しますねー!
ってなわけで台風に負けぬよう頑張ろうと決めた毒島でした!

モルトの紹介をしちゃいます!

10月のオススメモルト



左より

グレンフィディック モルトマスターズエディション 43%
ノックドゥー 1998-2009 11y ミルロイ オブ ソーホー 46%
アベラワー 1994-2012 18y ワールドワンダー 60.9%
カリラ 2003-2014 10y スモールバッチ 58.4%
オスロスク 1998-2014 15y フレンズ オブ オーク 46%

となっております!
今回は加水タイプが多く飲みやすいモルトを厳選しました!
シェリー好きからアイラ好きまで幅広く楽しめますので是非飲んでみて下さい!

さらに今月入荷したウイスキーを紹介します!
アードベッグを2種類入荷しました!



久しぶりの入荷の
アードベック ルネッサンス 55.9%
アードベック スーパーノヴァ 55%

新しいスーパーノヴァを入れました!
前回のスーパーノヴァより洗練されて、まとまりがあるように思えます!
強い燻製香の中にやさしく香るシェリー。
口に含んでみると重厚なピート、オイル、最後まで続く甘さがあります!
確かにきつめですが飲んでみる価値はあると思います!



さらにこちらは
ダグラスレインから出した
ダブルバレル アードベック&オルトモア 46%
こちらのシリーズは2種類のモルトのバッテッドでノンチルフィルターでお互いの良さを最大限に引き出すというウイスキーです!
アードベッグが強くなるのかと思いきや、シェリー樽熟成のオルトモアだからなのかうまく包み込まれてる。
若干、スパイシーで燻製、フィニッシュはシロップのような甘味が出てきます!
珍しいボトルなのでお早めにどうぞ!




こちらは
ブナハーブン 6y ディステラリーコレクション 57.8%
またまた若いブナハーブンが出てきました!
今回はカスクタイプのものです!
度数もあるのでインパクトは強いですが、刺激の中に麦の甘味。
ソーダで飲んでもピートが際立ってよさそうなウイスキーです!


モルトマンからも2種入荷しました!



ベンネヴィス 1999-2014 15y
ベンネヴィス 1996-2014 18y
この2種類を見てもらうとわかると思うのですが、15年熟成の方が色が濃いのです!
それは、15年熟成はシェリー、18年熟成はラム樽フィニッシュだからです!
シェリー樽熟成の15年はブランデーのようなフルーティーさ甘さがあり、
ラム樽フィニッシュの18年は最初にラムの甘味さが口に広がり余韻も長く、長時間楽しめるモルトになっています!
2種類の飲み比べなどは楽しいのではないでしょうか?


長くなりましたが、また入荷しましたらご報告をします!
それでは次回をお楽しみに!


Posted at 2014年10月12日 20時35分49秒  /  コメント( 0 )