池袋東口のBAR。新入荷のモルト・旬のおつまみなどオススメ商品の紹介、営業中に皆様から頂いたリクエスト・アンケートに対するお答え、また企画を立てた試飲会などのイベント情報などをメインに公開させていただきます。  ○秘情報も載せるかもしれませんのでお店と共にこちらもよろしくお願い いたします♪            池袋 Barもるとや一同より

5月お勧めボトルのご紹介です。

GWも後半戦に入ってまいりました。

残念なことに、雨が降り続いていて、気持ちがブルーになってしまいますが、美味しいモルトを飲んで、気を晴らしましょう!!


という訳で、今月のモルトにいきましょう♪






ジョンミルロイ・ボウモア7年。59.4%と、しっかりした、ピートと、麦の甘さを後から感じることができます。




スプリングバンク  ランドレッツ&キルダキンズ こちらは、50Lと100Lの樽サイズを表す言葉で、この小樽は、18世紀にキャンベルタウンの貴族たちの間で親しまれていました。今回は、こちらの樽を使った熟成で、非常に甘口に出来上がっています。
かすかなピート感とのバランスをお楽しみください。




ブラックアダー社のロッホランザ。
ロッホランザとは、アラン島の北東部に位置する村の名前。というところからもお分かりのように、中身はアラン!!
1996年蒸留の15年物。こちらもしっかりとしたシェリー樽。煙さは、ほとんど感じられないので、モルト初心者の方でも、召し上がれると思います。




秩父フロアーモルテッド。
こちらは何度かご紹介しておりますが、肥土一郎さん、御本人を始めスタッフ数名で英国にてフロアーモルティングを体験した時のモルトが使われており、1から全て一郎さんが携わっています。




ディーンストン ウイスキーウエアハウス社ボトリング。
こちらもシェリー樽ですが、リフィル(何度目かの樽)ということもあり、べたべたな甘さはありません。
やさしい麦の甘さと、柔らかさが口の中に広がっていきます。


といった、今回のボトルたち、ぜひ、ご賞味ください。

Posted at 2012年05月04日 15時52分46秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*