北海道利尻島の美景と安らぎのおもてなしをいたします、「旅館 夕陽」のブログへようこそ。 当旅館では利尻島の旬の手料理に舌鼓、利尻富士が生んだ天然温泉で心身ともに温まることが出来ます。
メインメニュー
平成18年のお客さま

8月28日

料理も美味しかったですし、温泉だということもとても気に入りました。
奥さんがとても良心的な方で居心地が良かったです。
利尻に行くという人に是非勧めたい宿です。

練馬区 大野

Posted at 2008年10月31日 11時57分04秒  /  コメント( 0 )

7月30日

今日で5泊6日の礼文、利尻のたびは終わります。
最後の2日間、このお宿にお世話になりました。
私たちにとって、犬と同伴のたびには、お宿探しは大変です。こちらでは心よく受け入れて下さり、本当に助かりました。これからも動物と一緒の方々は多くなってくると思われます。
ありがたいことでした。
 また、このお宿に感じたことは、それは、しっしに心配りがされており、心地良かったこと。共同のトイレ、洗面所、そして温泉。もっと細かく言うと、いつも清潔になっているお布団や(これは結構忘れさられてるように思います。シーツはキレイですが。)タオル、ジュータン等。
 また、センスが抜群!
奥様のアイディアなのかと思って関心しておりました。
奥様の素朴な中に温かなぬくもりを感じられました。一人で何役もこなし、しかし大好きなお仕事を意欲的に行っていられ、すばらしいと思いました。影でささえていらっしゃるご家族の方々。特にご主人様(うちの主人が熱心にお皿荒いをされていたと、関心しておりました。)
皆様、お体にお気をつけて

夢の実現へ!!!

夫婦とマークの3人連れより

Posted at 2008年10月31日 11時56分23秒  /  コメント( 0 )

7月14日〜16日

平成18年7月14日〜16日 2泊しました。(東京・浅草より石田)
 ここで温泉に入れて良かったです。利尻富士に2度目のリベンジに挑み成功しました。前回9.5合目から、風雨による撤退しての諦めが残ったためでした。道は荒れていて、大変でしたが、頂上での景色が帳消しにしてくれました。

※神奈川県小田原市、男性61才とその妻)
H18、7、14小田原を出発、苫小牧に送ったバイクで、これから23日までの10日間、ダンデムツーリングで、層雲峡、黒岳登山後、手塩へ、(山の天気は曇空でした)、三日目に道106号線、右にサロベツ、左に日本海、本当に何も無い道路でした。
 そして、利尻島に来ました。天気も曇空の日々でしたが、島内を一周観光し、今日は礼文島に行きます。あと6日間のツーリングですが楽しんで、頑張って良い思いでの旅行にして行きます。

Posted at 2008年10月31日 11時55分24秒  /  コメント( 0 )

7月11日

大変おいしい料理ありがとうございました。

札幌から中島

Posted at 2008年10月31日 11時54分33秒  /  コメント( 0 )

6月27日

せっかくの旅なのに悪天候。とても残念!!
でもこの宿でおいしいお料理、とても感激しました。
又、是非来て泊まりたいです。

ありがとう。

Posted at 2008年10月31日 11時53分16秒  /  コメント( 0 )

7月14〜16日

 2泊しました。
ここで温泉に入れて良かったです。利尻富士に2度目のリベンジに挑み成功しました。9、5合目から、風雨による撤退しての諦めが残ったためでした。道は荒れていて大変でしたが、頂上での景色が帳消しにしてくれました。

 神奈川県 小田 原市さん(61才)とその妻

Posted at 2008年10月31日 11時51分41秒  /  コメント( 2 )

8月5日

予約なしの飛び入りです。夕方5時40分に着きました。昨日は、北海道に3泊しました。道の駅で車の中で寝ました。(ホテルは1泊)
夕方「北海の海祭」で漁師さん達と生ビール3杯飲みました。イカ焼きや、網で焼いたタラバ蟹や、ズアイカニ、マブシ貝や、ホッケの焼き魚、大変美味しかったです。夕陽の宿に帰って来て風呂も家族風呂にしていただき、綺麗な風呂でゆっくり入らせていただきまして有賀等御座居ました。朝食だけでしたけど、とても食事が美味しかったです。得に岩のりのご飯は格別でした。新しい部屋、そして新しい食堂(和風)又風呂も広くて大きな浴槽でとても、いい旅館でした。又来るときは予約をして来たいものです。
※大変お世話になりました。又いい思い出になりました

 茨城県の福木、飯塚大工より

追筆、今日は、利尻の山を登る予定です。インターネットの皆さんも利尻の山を登りに来て下さい。この利尻の山は北海の最北山そして海に浮かぶ「山」としても思い出になると思います。
お上さんも料理上手で綺麗な奥さんで得によかったですヨ!

Posted at 2008年10月31日 11時50分03秒  /  コメント( 4 )

7月22〜23日

 私は富山生まれ育ったものです。子供の頃父親から兄弟、親戚の者が北海道へ出稼ぎ行っている事を知りました。
現在も日高でサラブレッド競走馬を飼育して4代目がいます。
今孫が稚内市に居ますので最北端の利尻、礼文島へ行ってみたくなり、案内してもらって来ました。
22日、利尻町立博物館を見学しました。昔話に聞いたのと同じでした。今のッ夜中の様な桟械化もなく、最寒の地でたら、こんぶを牧穫している人形がありました。。
おのずと波が出てきました。
新湊という地名がありました。やはり富山新湊の出身の子孫だといって居られました。

今の若い人達は特にこの島の若い人達はどんな思いを持って居られるのでしょうか?
それぞれ違います。でも、
私は祖先がハダカ一貫で築いた今を大切に受けついてますます発展する島に努力してほしいと願います。


夕陽旅館様へ

 この地で獲れた野菜、魚、海藻など薄味で80才の私は1品も残さず頂きました。
最北端の島利尻はますます発展すると思います。
心よりお祈りして、感謝致します。

 富山県 武隈光枝より

Posted at 2008年10月31日 11時49分32秒  /  コメント( 0 )

7月15〜17日

 初めての利尻島登山にも恵まれ、計画どおりこちらのお料理は毎回とも美味しく、素敵でした。
いろいろ無理も気持ちよく聞き入れて下されまして感謝しています。
良い思いでになりました。

一同
 お料理大変おいしくいただきました。
利尻岳登れて最高でした。

山口県

Posted at 2008年10月31日 11時49分01秒  /  コメント( 0 )

7月7〜9日

 憧れの利尻山にやっと登ることが叶いました。
何日も前から天気が気になり、何度もインターネットで調べても「くもり」でした。
雨が降らなければいいと思ってきましたが、登る程に晴れて来て長官山で山頂が見えた時は、何と素晴らしい山かと惚れ直しました。しかし、頂上まではきつかった。喉もカラカラでやっと甘露泉に辿り着いて飲んだ水のうまかったこと。
今日利尻島を離れますが、山全体がすっきり見える天気になれば最高です。

登山の送り迎え有難うございました。

 茨城 藤山より

Posted at 2008年10月31日 11時48分24秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  | 次へ