北海道利尻島の美景と安らぎのおもてなしをいたします、「旅館 夕陽」のブログへようこそ。 当旅館では利尻島の旬の手料理に舌鼓、利尻富士が生んだ天然温泉で心身ともに温まることが出来ます。
メインメニュー

2009,6,13

2009 6月13日

  東京から二泊三日の利尻、礼文観光のパック旅行。初日は千歳からバスで稚内入り、雨はついに本振りになりました。
翌日の礼文、利尻は強風と雨。過去に記憶の無い最悪の旅行です。でも天気が良かったら素晴らしい景観である事に間違いない利尻・礼文でしょう。これが冬だったらどうなるのだろう。北国の厳しい生活実感を見られました。
 二日目は利尻の旅館夕陽です。一行46名は三分割されて宿泊。バス、トイレ付きのホテルに泊まる連中を横目に何故こんな差別を受けるの・・・同じパック料金なのに。夕陽って民宿じゃない・・・と家内とブツブツ。でも民宿の方が心
のこもった料理が出るはず。又 温泉であるのもすくいだよね と家内。又 誰かが旅館夕陽は利尻で二番目に料理が美味しいらしいよと言っていたのを思い出し、家内と気を取り戻す。
男だけ夕食前の入浴は気にいらなっかたけど、いつも家では 女房殿は何時でも風呂に入っているのだし、今回は女房への感謝旅行だから良しとしよう。
  さあ、期待の夕食の開始です。仲間の一人( sさん、55才・血液 b型)が突如宴会部長に変身。 外の酒屋で酒類を大量に持ち込み、楽しくやりましょう と乾杯。持ち込みを認めてくれた女将に感謝。宴会部長のお陰で宴会が最高に盛り上がりました。人生の暴露話も出たり こんな楽しい旅行は初めてと言う結末になりました。強風と雨にもかかわらず楽しい思い出旅行になりました。宴会部長の sさん有難う。料理も美味しく、又 控え目で親切な女将さん本当に有難うございました。
                         ひろし

Posted at 2009年11月14日 18時06分00秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*