★★★★★
メインメニュー

Repair

知らぬ間にウェットスーツに下の写真のような破損とかありますよね。
着る時に爪がたって裂けたりするんですが、放って置けばどんどん傷口が広がり
穴が空いたりパーツ交換で修理代が高くついたりします。
そうなる前に自分で修理してみましょう。




このウェットボンドを使います。
\420



傷口をつまむ様に開いてボンドを表面に薄く塗ります。(塗り過ぎない様に)
塗った面が乾くまで傷口は開いて置きます。



乾いたら開いてる傷口を閉じて手で圧着します。その際少し揉む様な感じで傷口を押さえます。



数分後傷口はご覧の通りふさがります。こまめに補修してればウェットスーツは長持ちします。



2〜3年使ってると接着面が劣化してこんな感じになったりするので、
こんな所もこまめに修理しておきましょう。



傷口や破損の状況によっては工場にて修理になります。
当店で取扱いの無いメーカーの修理も受付してます。
ご遠慮なくどうぞ!


ENJOY!!!

Posted at 2013年06月13日 16時31分54秒