長野県安曇野市のエクソンモービル系ガソリンスタンド 車のエステ、キーパーコーティングのプロショップです。 営業時間:平日 7:30〜19:30  祭日 8:30〜18:00  シマダ石油 キーパープロショップ  長野県安曇野市豊科620  TEL 0263−72−3209 2017年キーパーコーティング技術コンテスト 長野県6位
メインメニュー
ガソリンスタンド

灯油

灯油シーズン到来


9月下旬まで比較的暑い日々が続いてた信州ですが 10月になって特に朝晩の気温が低くなり ストーブやコタツを出された方も多いと思います。

当社でも10月に入って灯油配送の御注文が増えておりますが依然として続く ”原油高”にて
配送灯油の価格も上昇しており御家庭や事業所でも 今冬の暖房費に頭を悩めていらっしゃると存じます。
当社においても お客様方の御負担を出来る限り少なくするため配送コスト等の低下に努力致しておりますが、消防条例により最近の御家庭では比較的 少容量の灯油タンクを設置している場合が多く数年前の灯油配送に比べ出動回数が多くなり結果 配送コストアップになっておるのも事実でございます。
お客様方におかれましてはホームタンクの灯油はボイラー等の給湯用として ファンヒーターなどに小分けする灯油につきましては別途ポリ缶等にて別に御使用頂ければと思っております、むろん当社でも配送の折にはポリ缶にも給油致しますのでお気軽にお申しつけ下さい。





Posted at 2007年10月11日 23時28分54秒  /  コメント( 0 )

バッテリー

記録的な猛暑だった今年の夏でしたが未だに厳しい暑さが続いてます。
こうした暑い日々を走行したクルマでダメージが大きいのが ”バッテリー”です!!
普通車のバッテリーは殆どが12Vです、通常のバッテリーは電極とゆう仕切で6層(6つの部屋)に分かれており層の中に注入された希硫酸が電極板と化学反応を起こし1層で2Vを発生してます。(乾電池1個強)
一般的なバッテリーの点検は各層のバッテリー液量を見ますが 過充電気味のバッテリーでは
電極板との反応が激しく希硫酸分が濃い硫酸になってしまい結果 発電量が低下するため その濃い硫酸分を薄めるためバッテリー補充液(純水)を補充します。

バッテリーを長持ちさせるには適度な消費と適度な充電(車の発電機から)が良いと言われてます。毎日 同じ様な走行パターンのバッテリーは電気の消費と充電のバランスがとれてますが
たまの休日や比較的 短距離しか走らないクルマでは総走行距離や年式のわりにバッテリーの寿命が早い例が多々あります。

さて猛暑だった夏を過ぎたバッテリーですがエアコン使用による電力消費などで かなりのダメージを受けてるはずです、以前のブログでも紹介しましたが暖かい時期には何でもなかったバッテリーが ある日突然始動不可になる事もあります。
バッテリーの点検には液量点検の他に専用テスターでの放電試験電圧のチェックやバッテリーを充電するダイナモ(発電機)のチェック、バッテリー液(希硫酸)の比重チェック等 総合的な判断
をします。寿命に近いバッテリーは充電器による充電でいったんは回復しますが その後の性能低下は著しく いざ!とゆう時にエンジン始動不可・・・なんて事もありますので新品への交換をお奨めいたします。




バッテリーの数字と記号ですが 数字は性能ランクと横幅(乾電池なら単1とか単2・・・)
記号はターミナル端子の形状とマイナス端子の左右(L,R)を表します
バッテリーの取り替えは原則として装着されてたバッテリーと同じランクの物を御使用下さい


Posted at 2007年09月22日 23時47分58秒  /  コメント( 0 )

自動車 セキュリティーシリーズ

車両セキュリティーシリーズ


*自動車用盗難警報機 カードック2



*非常用携帯電源 ジャンプスターター



*上記商品の詳細は・・・

http://www.nagano-mall.jp/shop/azumino.shimada/


Posted at 2007年09月12日 23時06分35秒  /  コメント( 0 )

秋の訪れを告げる祭り

上鳥羽 諏訪神社の祭り


今宵と明日 当社前の上鳥羽諏訪神社のお祭りが行われてます。
毎年 9月の第一土曜、日曜に行われるお祭りは季節的にも秋の訪れを感じさせます。
本殿までの参道が長く 春には桜がとても綺麗な神社です。
地元 上鳥羽区の子供達による ”子供神輿”も元気一杯です。




Posted at 2007年09月05日 22時35分18秒  /  コメント( 0 )

地球温暖化の警鐘

地球温暖化の警鐘


記録的な猛暑だった今年の夏!信州長野県でも連日の猛暑でしたが暑さと同時に困った事が ”少雨”です、正式な記録は無いですが確か7月下旬から1ヶ月近く降雨がなく 先週ようやく1日だけの降雨があっただけです。
こんな状況のなかで当社前の日本電熱衢佑良瀉脇發砲△襯愁瓮ぅ茱轡里飽枉錣発生しました。
数本あるソメイヨシノの中で直射日光を もろに受ける一番南の葉が枯れ ついには落ち葉となり
枝には葉が一枚も無くなってしまいました。



地球温暖化は全地球的な問題であり今年のような猛暑が来年も再来するとは限りませんが昨冬の暖冬、少雪のように異常気象=温暖化が顕著になり私達も もっと真剣に考えるべき時に来たと思います。
そうした観点から見た場合 当社は温暖化の元となってる ”石油系燃料”を販売しており地球温暖化に危惧しながらも企業の営みとして石油燃料を販売をしなければならない複雑な気持ちです。
ガソリンスタンドの経営は厳しさを増す一方で燃料油の拡販は命題でありますが子供達や次の世代に対して地球環境を保全して行くのも私たちの責務と感じてます。


Posted at 2007年08月27日 23時06分31秒  /  コメント( 0 )

夕焼け

夕暮れに映える 常念岳








Posted at 2007年08月19日 22時02分27秒  /  コメント( 0 )

営業時間

今週の営業時間


8月12日〜16日の お盆期間は AM8:30〜PM6:00の短縮営業となっております、御迷惑をおかけ致しますが御了承下さいます様 お願い申し上げます。


Posted at 2007年08月11日 22時04分44秒  /  コメント( 0 )

安曇野やまびこ自転車道・安曇野豊科南部総合運動公園

7月25日 国道147号バイパスが梓川に架けられた新しい橋 ”アルプス大橋”とともに併用開始となります。
当店は このバイパス起点から外れるため通行車輌の減少を懸念いたしております、そうでなくても厳しさを増す石油業界において更なる不安・・・そんな憂いを持ちながら新しく開通するバイパスを何度となく走りました。

国道147号線は昭和の時代には地元は勿論 観光や冬場のスキー客など県外の皆様にも多く利用されてましたが、長野道の開通により県外車輌は そちらを利用し地元においても豊科IC付近の各種店舗の出店により安曇野市豊科の市街中心地となっておりガソリンスタンドも多く出店してます、当店は中心地からは外れてるため集客の相乗効果はなく むしろ そうした中心地への通過地帯となってます、そこへ今回のバイパス開通・・・・

でも安曇野豊科の南部地区は商業地区の賑やかさは無いけど安曇野の空気を感じ安曇野の風と一緒になれる所があります。


147号バイパスと併用開通する ”アルプス大橋”

安曇野やまびこ大規模自転車道路



江戸時代に農業用水として作られた ”拾ヶせぎ”沿いにある自転車道




ところどころにある休憩所や石碑


カモの親子が水面を仲良く泳いでます。


写真では曇りですが晴れの日は正面に常念岳が聳えます。

安曇野豊科南部総合運動公園



広大な芝生の広場




遊具やマレットゴルフ場、ジョギングコースやテニス場(テニス場は有料、予約が必要です)

朝夕の散歩や休日に子供さんと一緒に楽しんで下さい。


Posted at 2007年07月24日 23時56分08秒  /  コメント( 0 )

ふるさと常念登山の会

ふるさと常念登山の会


我が安曇野の象徴であり松本平のどこからでも望める ”常念岳”
一昨年の町村合併により発足した安曇野市において日々眺めてる この美しい常念岳に登ろうと
第1回の ”ふるさと常念登山の会”に参加して来ました。
当初は7月14・15日の予定でしたが台風4号の影響で一週間の延期となり この21・22日に安曇野市に住む 約30名の皆さんと登頂して来ました。
今回も梅雨前線の影響で山頂からは我が安曇野市を眺める事は出来ませんでしたが22日はガスも晴れ 槍・穂高連邦を望む事が出来ました。
私は過去2回 この常念に登ってますが一番最初に登った時(今から20年位前)は快晴の日で
立山連邦・御岳・富士山・浅間山・そして東北の方の山まで360°の眺望を今でも忘れられません、きっと又 来年も参加して あの時の眺望を再び見たいと思ってます。


御来光は望めませんでしたが綺麗な朝焼けでした。


槍ヶ岳も雄大でした。


Posted at 2007年07月22日 23時27分52秒  /  コメント( 0 )

おでん缶 自販機

おでん缶自販機あります!!


秋葉原から火がついた ”おでん缶”の自販機です、結構いけますよ!!

暖かいのはもちろん!冷たいのもあります。

海や山へドライブ時に是非 お立ちより下さい。

秋には ”ラーメン缶”もラインナップです!!



通販バナー



Posted at 2007年07月12日 22時31分33秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  7  8  | 次へ