西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
‘08(H20) 2月の記録

新規開拓

昨日(4日)は頑張りました。

朝から数字と格闘!
何とか出張予定の時間までには終了することが出来ました。
青色申告のデータ作成完了〜。

早めに家を出て品川駅構内の書店へ。

・楽工社「日本化け物史講座」原田実(著)

まずは、この本から読んでいます。
個人的にストライクど真ん中!
読了後に感想をアップしたいと思います。


ゲット!

出張に向かう電車の中で楽しく読み始める。
青色申告のデータ作成終了、お気に入りの本が買えた、とラッキーが続くのでハイになってしまう。
つい、お客様ともテンション高くおしゃべりをしてしまった。
スンマセン、お付き合いありがとうございました。
私の趣味の話では退屈だったろうかと思います。
(^_^;)

帰りは目黒駅アトレ内の有隣堂へ。
大井町の倍ぐらいの広さ!

・角川書店「妖怪の理 妖怪の檻」京極夏彦(著)

これは最初の本を読んでから着手。
どのような考察をしているのか、今からワクワクしています。

ゲット!

数ヶ月前に出版、その後タイミングを逸してしまったらどこでも品切れ。ようやくここで見つけました。五冊ぐらいが平積みになっていたのには驚きました。
良い書店を見つけましたが、当分この二冊で楽しめそうです。
その他、キーワード検索で本を探しておかないと、今月の20日過ぎにはネットバンクに¥7,000と図書カード¥1,500が入る予定なのです。
\(^ ^)/ バンザーイ  (v^ー°) ヤッタネ

夕食はカレーうどん。お酒も飲まず読書に耽溺。
うう、楽しすぎる!!!
一人でにやつく(笑)。

23時半消灯。即寝。



今日のテーマ
  「“強さ”について考えてみる 2」

指導する側、管理する側の“強さ”について考えて見たいと思います。

彼(彼女)らに必要なのは、決断できる強さではないでしょうか。
例えば普段の稽古でも、

・どこまでさせるのか
・どこまで要求するのか


これらは、肉体面・精神面両方で、

※これ以上動かすと、ケガやモチベーション(やる気)の低下が考えられる

といった局面と隣り合わせだと思います。
特にトップアスリートであればなおさら限界に挑む稽古をしているでしょうから、シビアな判断が必要だと思います。

先日の箱根駅伝や、女子マラソンなどでもヘロヘロになっても走り抜こうとする姿は感動的ですが、指導者側から見れば駅伝の場合は、

・レースに向かってのピーキングや健康管理、栄養指導は何をやっていたのか?
・登録選手の中から変更させる決断が出来なかったのか?


女子マラソンでは、

・レース展開から考えられるペース配分などの組み立てと、それらの作戦の打ち合わせは十分だったのか?

などが残念な点だと思います。

福士選手の土壇場での笑顔も、苦しい顔をしてたら止められますから自然と“まだ平気”のサインとして出たものではないでしょうか。
ボクシングのセコンドのタオル投入やレフリーストップ・ドクターストップなどと同じで、

・選手の健康被害をどこで食い止めるのか?

また、途中で止めれば選手には苦手イメージやマイナスイメージが出来上がってしまいます。
最後まで行けたけれどだめだったのと、途中で棄権との違いは選手の自信にも大変大きな差が生むと思います。

  ※管理側の決断がためされるときです。



箱根駅伝の総括でも、放送している読売サイドの感動的だったとのコメントとは裏腹に、関東学生陸上競技連盟(学連)の青葉昌幸会長は厳しい総括を話しています。

・・・・・・・添付開始(部分)

 順大、大東大、東海大が突発的なアクシデントに見舞われたと思われがちですが、私のところに寄せられた情報ですと、各選手からシグナルが出ていたようです。順大・小野については、監督が心配しながら登録した状況でした。大東大・住田直紀(3年)はそもそも体調不良だったようで、脱水症状になる以前の問題です。蒲田の踏切で線路の溝に足を取られてけがをした東海大・荒川丈弘(4年)は、直前の練習でシューズが合わず、生爪に痛みがあったと聞いています。きっと着地のコントロールがうまくできなくなっていたのでしょう。このようにそれぞれ、棄権の引き金になる要因はあったのです。
 3校の棄権は監督の責任が大きいと思います。選手起用で鬼になりきれなかったのでしょう。目をつぶって選手を送り出すとやはり何か起こります。その選手を使って優勝するという“夢”の部分はあると思いますが、いい意味で監督は“鬼”の部分も持たないとチームが大手町にゴールすることさえできない状況になるのです。

・・・・・添付終了
全体の記事はここから、
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/athletic/ekiden/hakone/84th/topics/200801/at00015950.html


女性整体師のちろりや様も似たようなテーマでブログを書いています。
「ちろりと♪癒されましょうか」



ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2008年02月05日 12時21分08秒  /  コメント( 0 )

物持ちの良い家


写真は豆を入れていた升。
ふと見ると卒業時の記念品。
思えば遠くへ来たもんだ!



昨日(3日)は朝から雪が降っていました。

起床5時半。
前日のダメージもほとんど無く爽やかに起床。外を見れば雪がじゃんじゃん降っています。
雪が降るとお客様の足も鈍ってしまわれるようです。

翌日出張予定のお客様からも、延期でもかまいませんよと心配してくださったメールをいただく。
ありがとうございます。
交通機関が動いている限り出張させていただきます。

そんな中でも、おなじみのお客様方に来ていただけました。
また、別の(複数の)お客様からは、施療の時に話させていただいたお食事関係などをメールやコメントでいただきました。
皆様ありがとうございます。

悪天候の中でも無事に仕事が出来ました。
最後は施療院でも豆まきをして福を呼び込む。
小さいときのように大きな声は出せませんが地味にこなしました。

私の中では「鬼は外、福は内」のかけ声や、込められた思いは妙に切なくて、モロ☆センセを彷彿とさせる行事です。
やはり成り立ちに興味があります。
中国での故事や、日本に渡ってきてからの変化。
古くは出エジプトや古代オリエントに遡った話を読みたいですね。

最後にめざしで焼酎を飲んで23時半消灯。爆睡。

格闘技関係でもの凄く考えさせられる夢を見て1時半に目が覚める。
う〜、悔しい(笑)。



今日のテーマ
  「“強さ”について考えてみる」

空手道場には子供が大勢通って来ています。
子供達とふれあうことは、私のパワーの源であり、重要なリフレッシュ・タイムでもあります。
彼(彼女)らの性格は十人十色であり、話していて飽きることがありません。
稽古も同じで、彼らの色々な性格を見させてくれます。

一人で行う基本の稽古では、手を抜かずにしっかり参加する子もいれば、(基本稽古は)あまり好きではないので余力を残して稽古する子、集中にムラがあったり、集中できる時間が短かったり。
こういった性格は普段の彼らの行動を見ていれば、何となく予想がつくのですが、あまり表面に出てこない性格もあります。
それは、組手などの相手がいる状態の稽古です。

組手は相手と離れた状態から、飛び込んでいって相手を突いたり蹴ったりします。
その飛び込むときに、勇気や勝ち気といった強い気持ちが必要になります。
当然相手も同じように飛び込んできて、突いたり蹴ったりしてきます。

相手の方が強ければ、バンバン突っ込まれて打ち込まれます。
いわゆるボコボコにされるわけです(笑)。
大半の子は後に下がっていきますが、下がらずに打ち返せる子も少ないですがいるのです。

ではそういった子はどのような子かと言えば、見た目がいかにもといった子だけではありません。

普段は無口でおとなしい子でも、ここといったときには踏ん張りを見せる子も結構いるのです。

ほとんどの場合は、見た目の性格と同じですが、たまにそういった“強い”子もいます。
芯が強い子なのかなと考えながら見ています。

逆に普段は強気でも、相手が突っ込んでくると下がってしまう子や、普段は下がってしまう子でも特定の相手にはライバル心が働き下がらずにガンガン前へ出て行く子もいます。


世間には色々な強さがあると思います。
次回はその内の一部になりますが、自分なりの考えをアップしたいと思います。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ


          
出版社: 楽工社 「“環境問題のウソ”のウソ」山本 弘 (著)
よく調べてある労作です。内容に関してよりも、これを読んでどう感じるのかが興味深いですね。数字は難しいかもしれませんが、丁寧に解説してあり読みやすい本だと思います。便乗出版や安易な批判本ではない、しっかりした著作です。

Posted at 2008年02月04日 07時01分56秒  /  コメント( 0 )

第一ラウンド終了!

昨日(2日)も数字と格闘です。

仕事の合間を縫って、データの確認・合計。
それを基に月データの作成、合計。
おかげさまで、自分の分は終了。
エクセルのおかげで簡単になりました。
最もやっていることは、データを縦に合計するだけですが…。
(^^;)

夕方からは道場で40周年記念演武会の打ち合わせ。
寒中稽古の打ち上げも兼ねていたので、立食形式で有段者の方と意見交換。
約二時間ほど熱心にみんなで話し合う。
具体的な決定は何もありませんが、まずは演武会の認識を皆さんで持てました。

最後は、師範と道場長代行の先輩と三人で少し飲んで帰宅。
帰りは冷たい雨が降っていました。
どこにもよらずに25時前には到着。
傘を持っていなかったので、“雨宿り”も考えましたが(笑)。
駅前からタクシーを使って一直線です!
今回も大勝利だ〜!!
ワーイ ( ^_^)o-o<※ ☆ パンッ



今日のテーマ
  「転び方?」

昨晩の雨が朝早くから雪に変わりました。
7時現在でかなりの勢いで降っているので、昼前には随分つもるのではないでしょうか。

雪道は滑りやすいので気をつけてください。
寒いためにポケットに手を入れたくなると思いますが、手袋をつけるなどして両手は出しておいた方がバランスが取りやすいと思います。

いざ転んだときには、

・手やヒジを着かずに丸く転がる

と文章で書けばこれだけですが、普段からやっていないと出来るものではありません。
                                                           手やヒジをつくことは意外にリスキーなことでもあります。
ちょっと滑ったぐらいなら、手を着いて身体を支えることが出来ますが、大きく滑ったときに手やヒジを反射的に着いてしまうと、骨折などの大けがにつながるおそれがあります。

といっても、手やヒジで身体を支えないと肩や背中を強打して、やはり大けがにつながるおそれがあります。

その為、手を着かないで丸く転がりましょうとなるのですがそれは“受身”であり、前述しましたが訓練をしていないと中々出来るものではありません。

“転び方”として一つだけ強調したいことは、頭を打たないように気をつけること。
これが最も重要なことだと思います。
その為には、「あっ」となったときには、

※素早くアゴを引く
  ↓
おへそを見るようにする


このことだけでも取りあえずは留意しておきたいと思います。

積もった雪が溶け始めたり、踏みしめられて氷結したりすると更に滑りやすくなります。
今日だけではなく、雪が完全に溶けるまでは注意して行動してください。   


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2008年02月03日 07時58分57秒  /  コメント( 2 )

数字との戦いが始まる

昨日(1日)は本格的に青色申告データ作り開始。

午前中はPC作業、地元スーパー掲示板用のA4チラシ作成&張り出し、その他雑用。
昼からは施療院、夕方からは空手道場。
これが動かせないスケジュールで、その合間を縫って申告用のデータ作り。
エクセルを使用。
Σで和は簡単に出せるので、サクサク進行。
取りあえず、日々のデータはまとめました。
ここでタイムアップ。
空手道場へ。

後は記載漏れのチェックと、月合計などの作成。
母親と、自宅関係の作成。
まだ一山も二山もあります。
予約日の6日に間に合うか?
∩(*・∀・*)∩ファイト♪

道場ではストレッチをしっかりやってから基本は少なめに。
春の関東大会に備えて、形と組手を多めにこなす。
全国クラスの高校に進学した子が久しぶりの稽古参加。
小学生の蹴りを「ちょっと見てやれ」と師範から指名されると、要点を押さえた的確なアドバイス。

人に説明できると言うことは、自分の中で言葉が整理されていること。
この技術はここがポイント、といった要点が理解されていること。
ただ“体現できます”だけではない、この一年の成長が分かり頼もしく見えました。

22時帰宅。
ウーロン割りで本格すき焼き。
特売の和牛切り落とし。グラム¥200と¥300の食べ比べ。
\200の方はかなり立派な霜降りでしたが味がない。
\300の方が口に入れた瞬間に味を感じる。
贅沢になったものです。
鍋にお汁が少しあまったので、ご飯を入れて焦げないように素早くかき混ぜながらお汁を絡ませる。
雑炊の更に汁気がない状態です(少なめのカレーでご飯を和えたような感じ)。
贅沢になりましたが、貧乏性は変わりませんでした(笑)。
23時消灯。爆睡。



今日のテーマ
  「お気軽に質問してください」

昨日の最後の一行を受けて…。

施療院は世間には沢山あるので、看板だけではどのようなところなのか分かりづらいと思いませんか?
私はそう考えるので、ホムペやブログなどを積極的に活用して、なるべく自分の考え方や、その都度の施療例などをアップさせていただいています。

しかし、自分の場合にはどうなのだろう? と思われるお客様も多くいらっしゃいます。
そのようなときは、お気軽に電話やメールなどでご連絡ください。
やはり個別なケースへの対応は、直接確認された方が分かりやすいと思います。

・この状態は整体が適当なのか?
・どのような施療をするのか?


この2つが代表的な疑問・質問になると思います。
お医者様など、他の選択肢も含めてお話しさせていただいています。

お客様からのご連絡に対する、受信業務はそこの色々な意味でのレベルを計れるものだと思います。
滑舌の良い爽やかな声ではありませんが、しっかりと対応させていただいています。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2008年02月02日 12時06分08秒  /  コメント( 0 )

ああ、弱気な男

水曜日(30日)は大変でした。

朝、PCでメールを作成。
エンターキーを押すといきなり再起動。
そろそろ来たかと、バックアップを決心。

一昨年に購入した外付けHDDが上手く使えずに、接続してそのままにしてあります。
説明書やPDFを見ても知りたいことは書いていないし、操作してみるとエラーが出る。
そのため、中途半端にデータがコピーされている(と思う)状態です。

そこで、メーカーに電話。
操作指示を受けながら作業をすることに決めました。
高い通話料も、何かあったときのサルベージを考えれば必要経費です。

当然ですがつながりません(笑)。15分ほど粘ってようやく応対開始。
状況を話すと、いきなりバックアップソフトを開発したメーカーに電話しろと言われる。

番号を聞いてかけてみる。40分かかりました。。。orz
出てきた方と、絵に描いたように会話が成立しない。
窓口業務ならもう少し話の出来る人間を配置せい!
と思いながらも、言われたとおりにクリックしていくと取りあえずバックアップ開始。
お礼をいって電話を切る。
次の瞬間にエラー表示!!!
何かが壊れているから読み込みができないんだと。

再度電話。今度は15分でつながる。
違う人がよいと願っていましたが同じ方でした。
状況を説明すると、バックアップソフトをアンインストールして入れ直すか、HDDの修復をしてみるか、可能性を全部話してくるので、取りあえず蓋然性の高いものから一つずつ整理して話してくれと、こちらが交通整理(泣)。

結局、HDDの修復をして見ようとなりました。
ツールからエラーチェックを見てくれと言われましたがどこにもない。
頼むからもう少し分かりやすく話してくれ…。

↓よく聞いて見ると以下の通りでした。
マイコンピューター→HDDのアイコン右クリック→プロパティをクリック→ツールをクリック。
ようやくここで“エラーチェック”が出てきます。
これをクリックすると、チェック項目が二つあり両方選択して修復スタートかと思いきや、再起同時に修復するから良いかと尋ねられる。
どうにでもなれと、進めていくと再起動がかかる。
あまり見たくない文字だけ画面になり、ファイルをチェックしていると表示される。
5段階あるらしく、各段階の終了パーセントがゆっくり進んでいく。
全部終了するのに2時間半!

ここからが本番(爆)。

アイコンをクリックして、バックアップソフト起動。
先ほど教わったように進んでいきバックアップ開始。
仕事のためPCの前を離れる。
小一時間後戻ってくれば、画面はスリープ設定になっている。
マウスを動かしてスリープ解除、現状を確認しようと思ったのですがまた大きな×印でエラー表示がないかドキドキします。
マウスに手を伸ばそうとしたら、ぴたっと手が止まる。

すると、次の瞬間、


思わずディスプレーに手を合わせている私がいました!!!!!


一人で苦笑。
弱い。弱すぎる。。。

ええ、おかげさまでバックアップは何事もなく進行していました。
約二時間後、無事終了(したはず)。
\(⌒∀⌒*)/ャッタ☆♪+⌒*。゜☆゜。

しかし、このソフトでは上書きのバックアップは出来ない。それは今度はHDD製造メーカーが添付している方のソフトを使ってくれとのこと。
もう二つぐらいこちらの意図が伝わっているか疑問なので、再度、製造メーカーに電話しなければ。
取りあえずは青色申告が終わってから。
2月中旬を予定。

戦いはまだまだ続く!



今日のテーマ
  「骨盤を閉じる、その後どうする? 4」

更新が遅くなって申し訳ありませんでした。
火曜日の続きです。

・日常生活を過ごすことは、歪みや疲労の再生産でもある
・骨盤は意外に歪みやすい

これらを基に“骨盤を閉じる、その後どうする?”と考えると、大きく2つの意見が出てくると私は思います。

1.高い頻度で施療院にて歪みのチェックと矯正を行う
2.体操やストレッチなど自助努力で身体を整えていく


私は(2.)をお客様に勧めています。
(骨盤だけに限りませんが)施療後に身体が整うのを一つのきっかけにして、日常の姿勢や行動を考えたり、もう一歩進んで身体を実際に動かしていただきたいと考えています。

特に差し迫ったことがない限りは、月一程度を目安にして「チェック&矯正&リラックス」でご利用いただけるのが理想です。
その都度お話しさせていただきながら、必要な運動などがあればアドバイスさせていただいています。

日常生活の習慣(クセ)で引き起こされる歪みは、施療者が矯正をしてもすぐに戻ってしまいます。
骨格の歪みや矯正の頻度に対する私の考え方をまとめれば下記のようになります。

・意識してクセを取り除いていく、ご自分の身体に合った運動を習慣づける
ベースにはこのような考え方、その中で疲れたときやチェックとして整体のご利用。



※心身の疲労の緩和(リラクセーション)を目的とすれば、この限りではありません。
施療方針などはいつでも説明させていただいています。お気軽にお尋ねください。



ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ


           
出版社: 白泉社「ビストロ温泉パタリロ!」 魔夜 峰央 (著)
今回は今ひとつでした。おクマさんのキャラクターは面白いのでもう少し活かして欲しい。しかし、パタリロ・バンコラン・マライヒ・タマネギのどたばたが読みたい。警察署長も是非カムバックして欲しい。

Posted at 2008年02月01日 08時11分29秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3