西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
湧泉(ゆうせん)のスタイルです

お母さん歓迎です!

「ベビーカーも安心です」

施療院にはベビーカーも入れます。
お母さんが施療を受けている横に止めておいても結構ですし、赤ちゃんを横に寝かせておくこともできます。

出産、授乳、日々の育児など身体にかかる負担は相当のものがございます。
ベビーカーで散歩のついでに、ご遠慮せずにお寄りください。


お待ちしております!

写真は先日お見えになったお客様のベビーカーです。
許可を得て、撮影・掲載させていただきました。
ご協力に感謝いたします。

マクラーレン製だそうです!


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2007年12月28日 07時18分08秒  /  コメント( 0 )

普段の施療から事例を挙げてみました

「〜があるから」うつ伏せになれない と、気になさらずお気軽にご相談下さい。

施療する部位や状況にもよりますが、一般的にうつ伏せで始まることが多いと思います。
私のところでも、大抵の方はうつ伏せからスタートします。
しかし、“必ずそうしなければならない”とは考えていません。

 先日お見えになったお客様は、近所のお医者様から紹介されてご来院されました。

主訴は、
「血圧が上がって、背中や肩が物凄く張って苦しい。動悸も激しいようだ」
お医者様からは
「施療を受けて少しリラックスしてみたら」
と、言われたそうです。

このような時は、いきなりうつ伏せでは、心肺に負担がかかります。
まずは、仰向けからスタートです。
足の裏、ヒザから下、前腕、手のひらなどをじっくりと、緩めていきます。
末端が緩んでくる、仰向けで落ち着くなどが作用すると、呼吸や動悸も落ち着いてきます。音楽やアロマの香りも大事な要素です。

お客様によっては、肩などの緊張が触れる前から取れる場合もあります。
眠り込むようにリラックスしてから、うつ伏せになってもらい、主訴に直接対応していきます。

時には、
「心臓の手術をしたのでうつ伏せになれない」
方も、お見えになります。
横向きや、椅子に座ってなどその都度、臨機応変に対応させていただきます。

施療はベッドではなく、カーペットの上に専用のマットや枕をセットして行います。横幅を気にせず自由なスタイルで、動けます。

湧泉(ゆうせん)の整体は、お客様の状態に合わせた、柔軟な対応を心がけています。
  普段の施療から事例を挙げてみました。

Posted at 2006年06月02日 13時05分42秒  /  コメント( 0 )

施療への考え方

技術的な考え方や、他の技法との相違点をアップいたします。

1.痛くない、怖くない、骨を鳴らさない
整体を考えるときに骨格調整は避けて通れません。湧泉(ゆうせん)では関節部と付随する筋肉組織を緩めてから、徐々に動かしていきます。
そのため痛みや恐怖感の無い、安全安心で確実な施療が可能となります。

一般的なイメージにあるような「ボキボキ」音を伴う強圧・強制的な方法はとりません。

2.経穴(ツボ)、経絡を意識した施療をおこなう
湧泉(ゆうせん)では骨格の歪みを調整して終わりとは考えていません。
経穴・経絡にしっかりとした調整を行うことで、体調の回復や心のリラックスも期待できます。

そのために「〜が痛い」だけではなく、心身両面に渡る幅広いお悩みに対応が可能となっています。

3.心のリラックスを常に考える
心身不可分と東洋医学では考えています。
1と2を遵守することにより心の緊張もほぐれるため、思わず眠り込んでしまう心地よさが好評。

「次はどう痛いのか?」と身構える気持ちは、真のリラックスからは遠いと主張いたします。

心身に余分な緊張を与えない「適当な圧力」と、心地良いにこだわる完全手技を体感してみてください。

Posted at 2006年06月02日 07時48分32秒  /  コメント( 0 )

施療方法の説明でございます

ここでは具体的な施療の流れを説明させていただきます。
ご質問等がございましたら、お気軽にメール・電話などでご連絡ください。

1.カウンセリング
お客様のお悩みを聞かせていただきます。
生活習慣、運動、お仕事、大病の有無など「心身に掛かるご負担」がキーワード。
心を休めたい、痛みや違和感の解消…etc、色々なご希望があると思います。
それらを踏まえて施療の方針を作っていきます。


2.触診
お客様のお体のバランスをチェックさせていただきます。
骨盤・椎骨を中心としたボディーバランス、関節の可動域や柔軟性などを診るときもございます。
歪みの程度やお身体に掛かる負担、クセなどもお話しさせていただき、生活習慣の改善の一助とさせていただきます。
1と2で得られた情報を基にして、何がお客様に一番良いかを考え施療を行います。

3.緩(ゆる)める
経穴・経絡、筋組織への押圧を行い、お身体を緩めていきます。
無理な押圧、痛みを伴う施術はいたしません。
緊張感や恐怖感のない技術は、肉体だけではなく心も和らいでいきます。
その状態は痛みを伴わない骨格調整の準備でもあります。
気持ちよさと心身の開放感を楽しみながら、眠り込んでしまうお客様もいらっしゃいます。

4.骨格調整
骨格の歪みを整えていきます。
強い力、瞬間的な強圧などは使用しません。無理なく整えるため気がつかれないお客様もいらっしゃいます。
器としての骨格を整えることにより、代謝・体調の好転、ボディーバランスの回復(各種痛みの軽減)、可動域の拡張などを考えています。
また、美容矯正としてシルエットの美しさ、X脚、O脚などの改善もおこないます。

5.全体調整
お客様のお身体の状態を伺いながら、よりピンポイントな骨格調整と経絡調整をおこないます。
「ツボを押しました」「骨格を調整しました」だけで終わらない、+αをおこなうお時間です。

6.報告&アドバイス
お茶のサービスをさせていただきながら、お身体の様子や当日の施療などを報告させていただきます。
また、施療の方針やストレッチ・簡単な筋トレなどもお話しさせていただく場合もございます。
健康相談、生活習慣の改善など、アフターケアもしっかりと考えさせていただきます。
最後にお客差のお体の調子を考えながら、これからの施療方法や次回施療までの間隔などを確認いたします。

Posted at 2006年06月02日 07時39分40秒  /  コメント( 0 )

手のひらを返すような事はございません

重要


施療はお客様とのプライベートな空間であり、信頼関係で成立すると考えています。
注意しているポイントの一つに
断りやすい雰囲気
があります。
次回の施療タイミングや、色々なご質問、ご相談など安心してお尋ねください。
こちらから提案はさせていただきますが、選択肢の一つとしてお考えくださって結構でございます。
過去に多くのお客様がご心配されている点でした。

湧泉(ゆうせん)なら安心です

Posted at 2006年05月30日 18時48分53秒  /  コメント( 0 )

高評価ありがとうございます

一番最初に持ってくるのは恐縮ですが、お客様から「良かった」と言われることや、施療する側がこだわっている物などを箇条書きでまとめてみたいと思います。
合わせて施療院の紹介になれば幸いです。

細かいことはホームページや、これ以降のブログにアップさせていただきます。

・お身体のコリ・ハリ、痛み、冷えなど辛さの解消がいちじるしい。
・身体だけではなく、気持ちもリラックスできる。
・身体のバランスが変わった。
・痛くないし、怖くない。
・優しいけれど、深いところまで響く
・ストレッチや体操なども教えてくれる。
・説明が分かりやすい。

・一組だけの施療なので、プライベートが安心。
・子供と一緒でも平気。
・施療後のお茶が楽しみ
・BGMやアロマが気に入っている。

など、過分なご評価をいただいております。

ありがとうございます。

Posted at 2006年05月30日 18時39分59秒  /  コメント( 0 )

マタニティ整体

「妊婦さんと整体」

妊娠された方から、腰痛のため施療のご相談を受けるときがあります。
湧泉(ゆうせん)では、安定期に入った方を施療させていただいています。

・横向き、仰向けの姿勢で、「さする」ことが中心になります

・肩、腕、脚(ヒザから下)なども、じっくりほぐしていきます

(過去には、精神的にリラックスしたいときや、緊張が解けるため食欲が無いときに、ご利用された方もいらっしゃいました)


お腹への負担を考えて、横向きの姿勢では、抱き枕(手製)を使用すること、お客様のリクエストによっては、厚めに折ったタオルを足に挟んでいただいています。

最初は、お客様の「少しさすってもらうだけで違うんです」の話からスタートしました。
その後、知人の女性整体師さん(ちろりや様)とお話しさせていただいて、抱き枕や足に挟むタオルなどを用意するようになりました。

よって、妊娠中の方に対して特別な技法を行うものではありません。
さする、人の手が触れることにより緊張が解ける、を中心に置いています。

いつでもご質問、ご相談ください。
施療内容など、お話しさせていただきます。
お気軽にどうぞ。

Posted at 2006年05月30日 10時41分13秒  /  コメント( 0 )