西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2014-08-05 の記事

夏は甘酒!

◆◇ブログ割引◇◆
60分¥4,980 40分¥3,500

登録などのご面倒な手続きはいりません
・「ブログ見た」でOK!
・価格の理由は以下で解説しています
PC版:ここをクリック  / ・携帯版:ここをクリック

☆★エキテン!口コミ★☆
・PC版:こちらをクリック/・携帯版:こちらをクリック/・スマホ版:こちらをクリック

★☆お客様の声☆★
・PC版:ここをクリック・携帯版:ここをクリック

☆電 話:03(3774)7139
☆メールはこちらをクリックinfo@yusen.jp

☆コリ・ハリ・○○痛の緩和以外にも、心と体のリラックス、ストレッチ・筋トレ指導なども承っております。

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

皆さんは、食欲はありますか?

そうめんや冷や麦、冷やし中華など、冷たくて食べやすい物が、食欲もそそってくれると思います。
我が家でも、そうめんには、思いっきり氷を入れたボウルに水を入れて、そこにそうめんを浮かべます。
キンキンに冷えたそうめんは、それだけで食用をそそります。
冷たいことが、ご馳走です!
(冬の釜揚げうどんは、熱々なのがご馳走ですね)

しかし、あまりの暑さにげんなり、あるいは、室内/室外との温度差にやられたetc。
要因は、いろいろあると思いますが、食べなければ、動けないし、動けなくなってくれば、益々食欲は減ってくるし、といった悪い循環にはまってしまいませんか?
食欲が出てこないー何を食べても美味しくないー咀嚼して飲み下すのもメンドクサイ!
一体私は何が食べられるのか?
(>_<)

そんなときは、甘酒を飲んでみませんか?
☆食欲のないときの栄養補給
☆発汗時の水分補給

この両方に、優れた効果を発揮します。

・・・・・・以下wikiより抜粋
栄養豊富な甘酒は体力回復に効果的だとして、江戸時代には夏の風物詩だった。
甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれているが、これらの栄養はいわゆる栄養剤としての点滴とほぼ同じ内容であることから、「飲む点滴」と称されることもある。

・・・・・・添付終了(改行、赤字など筆者)

さすがに今の時期は、暖かいものは辛いので、冷やすか、室温で飲むのが気持ち良いと思います。
酒粕から作る簡易スタイルではなく、麹と米から作る本格的な製法をお勧めします。
近年は、甘酒の上記のような効能が浸透して、夏でも取り扱われるようになりました。
水で薄めたり、そのまま飲めたりと、手軽に楽しめるものが販売されています。

消化の良い物としては、熱々のお粥やうどんなどより、夏向きだと思います。
俳句でも、甘酒は夏の季語。
この時期だからこそ、一度試してみませんか?

※湧泉(ゆうせん)へのメール、ご質問などのリンクは日記の下部にも置いてあります。


いつもの日記
  『ベテラン恐るべし!!』

昨日(4日)は、母親へゴマすり。

鰻ならあの店が地元で一番、と評判の店でランチ。
並と上の2種類。
上を発注。

ほとんど同時に、もう一人の方も入り、三名で上を頼む。
お客は、我々三名だけ。
注文を受けてから、ご飯のスイッチを入れる。
しばらくして、蒸し器を火にかける。
少し時間が経ってから、串に刺してある鰻を冷蔵庫から出して、蒸し器へ。
しばらく蒸してから、焼き台に火を入れる。
適当に熱くなったところで、蒸し器から鰻を出して、少し水分を飛ばしてからタレに漬ける。
焼く、タレに漬ける、焼くと、三回ぐらい繰り返す頃に、ご飯が炊ける。
肝吸い用の出汁を行平に入れて加熱開始。

女将さんが、炊きたてのご飯を重箱にフワッと綺麗に引き詰める。
それを受けて、ご主人が鰻を置いて串を抜いて、タレをかける。
蓋をして、私たちに提供。
すぐに、肝吸いと、お新香も提供。
そして、食べ始める。

注文してから30分ぐらい。
各工程と工程の間だが、流れるように移っていく。
さすが大ベテラン。
良い鰻は時間がかかると聞いていましたが、初めて体験させていただきました。

話を聞いたら、この場所に店を構えて、そろそろ五十年。
鰻職人としては、さらにプラス十年。
御年八十歳の、頑固職人でした。

お味は、美味かったです。
スーパーやデパートの中級品では、滅多に食べられない、辛めのさらっとしたタレがかかっていて、また、熱々のご飯がタレとの相性も良く、食べ始めてから中盤以降が、鰻、タレ、ご飯と、良い具合に調和しだして、極上でした。
鰻は、ふっくらとして美味しかったけれど、もう少し厚みがあったら嬉しかった。

ご飯自体も美味かったのですが、女将さんの重箱に入れる技術が抜群でした。
しゃもじですくって、重箱にざっざっと広げるだけなのですが、炊いたお米同士がべたつかず、変に塊もせず、フワッと敷き詰められている。
しかし、決してスカスカではなく、ある程度の密度を保っている。
鰻重や鰻丼は、鰻とタレとご飯の善し悪しで評価されると思うのですが、絶妙なご飯のつぎ方(密度)で、こんなに食感や食味が変わるものとは思わなかった。
口の中に入る鰻とご飯の量が抜群で、口の中でご飯のほぐれ具合による、口中調味のバランスがたまりません。

食べ物屋さんで、「良いお米を使っています」と言った話は聞きますが、ご飯のつぎ方で、更に美味くなると実感したのは、初の体験でした。

何でも、奥の深い世界があるものです。
m(_ _)m

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
・湧泉(ゆうせん)へのメールはこのブログ内の下記ページから送信できます

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・**:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*
☆ホームページはこちらです。
にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 健康ブログ 整体へにほんブログ村 アニメブログへ
↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

☆空手道場のページ
公式ホームページ
「全日本空手道連盟 和道会 空手道 俊和義塾」
高津、下野毛、川崎、世田谷近辺の方が稽古しております。
http://www.geocities.jp/wado_shunwa/

☆ブログ内簡易版
・PCの方はここをクリック
・携帯の方はここをクリック
(マッサージではなく整体です)

Posted at 2014年08月05日 12時04分35秒