西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2012-01-06 の記事

お正月、美味しい記憶


写真左:
生山葵と鮫皮おろし。
新しくした鮫皮おろしは快調に、生山葵をおろしてくれました。
しかし、今回の生山葵は、おろしてみると若干の緑色があるだけで、随分と黄色みが強い。
西洋山葵かと思うぐらいに、期待していた奇麗な緑色がなかった。
こころなしか、香りも弱いように思う。
ちょっと残念。
それでも、チューブのよりははるかに上等でした。
写真の一本で、大晦日のお蕎麦、お刺身、お正月の薬味をまかなってくれました。

写真右:
元旦の朝焼肉。
絵面は奇麗でないですが…。
(^_^;)
あらかじめ広めのお皿に、ミルを使った胡椒と塩をパラパラと落としておきます。
そこに焼けたお肉を置いて、表面に軽くまぶす。
そして、芽ネギとおろしたての生山葵を添えて食べる。
これが、美味いのです。
肉のしつこさをさっと消して、旨味だけ感じる。
胡椒を多めで、塩を少なめにしておくのが好みです。

その他、駅前の阪急に入ってる、チャイナチューボーの餃子は、具がパンパンに入って食べでがありました。
春巻きは、パリパリの皮の食感が良い感じです。

親戚から送ってもらった、河豚の唐揚げも美味しくいただきました。
地元のお肉屋さんで買ったもも肉のブロックは、厚切りステーキに。
多少固かったけれど、噛みしめると肉の味がして美味かった。

お酒は、菊正宗の辛口、酔鯨の純米、辛口のスパークリングワイン、泡盛「菊之露」古酒、シーバスリーガル12年、エビスビールと贅沢をさせていただきました。

幸せでした。
(*^_^*)」

Posted at 2012年01月06日 04時52分14秒  /  コメント( 0 )