西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2008-11-05 の記事

タローを思い出す

           
写真は先日の出張先で撮影。
いつもの空き地です。

見事に奇麗になっていました。
春にも1回草刈りをしていますので、年に2回行うようです。
破壊や破滅ではなく、死と再生、といった感じ。
タワーではなくデスですね(シャレに非ずww)。

昨日(4日)はやっと一冊読了。

野田昌宏 著「新版 スペース・オペラの書き方」

「小説を書いてみよう!」と、何となく考えて書き出してみたことはありますが、形になるわけもなく妄想の域を出ませんでした(笑)。

同人活動とも縁遠く、文章を書く訓練などしてきたことがなかった。
この本を読んで、文章を書く作法というか、道筋の一つを見させていただきました。

勝手に話しを紡いでいけばよいのではないんですね。
心得違いをしておりました。。。orz

後半のワープロやコンピューターのスペックの紹介は、今は昔の技術の進歩に嘆息。
野田宇宙軍大元帥に合掌。

次は気分を変えて、民俗学関係の本を既に借りてきております
これも楽しみ。

空き時間にメールや調べ物。
夕食は、ソーセージサラダと、焼きピーマン(大量)、ご飯一膳。
アルコール抜き!

23時消灯、即寝、爆睡。



今日のテーマ
  「期待と不安」

先日、柔道の石井 慧選手がプロ格闘家に転向の記者会見を行いました。

まだ21歳、もっと柔道で活躍して欲しい、もっと自分の柔道を追求して欲しいと思いますが、その反面、現役バリバリの一流柔道家の総合での戦いを見てみたい、とも思います。

技術的にはいくつもの課題が待っていますが、稽古の虫と言われているようなので、来年の前半にはデビューするのでは。

例えば、組み討ち系の出身者であれば問題となる、打撃への対応以外にも、相手はジャケットを着ていないと思うので、その状態で、どう投げる、どう極める、また、柔道はヒジしか関節技は認められていないので、その他の関節への攻防技術、などなど。

柔道はジャケットを来た状態で、掴んで、投げて、押さえ込んで(極める、絞める)と進んでいきます。
似てるようですが、総合では、ジャケットを着ていない相手を掴む、あるいは、殴る・蹴る、投げる、押さえ込んで殴る、押さえ込む(極める、絞める)、と進行していきます。

その中でも、使える関節技が圧倒的に増えたり、寝技の状態で殴るが入ってきたり、柔道の組み立てでは対応しきれません。

過去にも、組み討ち系の出身者が打撃系の人にボコボコにされたり、打撃系の出身者が組み討ち系の人にあっという間に投げられて、グランドでいいようにされたり、ボクサーでも組み討ち系でも、見事にローキックに対応できず、立てなくなったり、“こんなはずじゃなかった”を随分見ています。

石井選手の発言や周囲の評価を聞いていると、クレバーな人で、将来の展開に総合が入っていたようなので、どのような試合の組み立てをしてくるのか、今から楽しみです。

後は、デビュー戦の相手も気になります。
かませ犬のような格下ではみっともないし、取り口が噛み合わないような相手では、つまらないし…。

しかし、突き・蹴りのスペシャリストにボコボコにされるのも見てみたいし、スピードのある重量級の選手の鬼のようなパウンドへの対応も見てみたいし、レスリングや柔道出身者と粘っこいグランドの攻防も見てみたい。


ファンはワガママですね(笑)。

期待は大きいんですよぉぉぉー。
d(*^0^*)d ガンバレー

次回は不安点を少しアップしたいと思います。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 健康ブログ 整体へにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

【整体師のお仕事♪】
資格取得、学校の様子や求人情報まで、整体師のホントが見えてくるブログリンク集

Posted at 2008年11月05日 07時07分33秒  /  コメント( 0 )