西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2008-10-15 の記事

素面じゃやってられま...


写真は半月ほど前の稽古終了後に撮っていただきました。
ありがとうございます。

この緊張感のなさが、本日の日記のような結果につながるのかと(笑)。



昨日は“動く私”のDVDを入手。

早速鑑賞。

il||li_| ̄|○il||li

    (o´_`o)ハァ・・・ ショボボボーン

ううう、もっと格好いいと思っていました。

今回はマジやったぜ! のはずだったのに。。。

空手の時もそうですが、映像で外から見せてもらうとイメージの10分の1もできていません。

“これが現実だぁっ!”

“これが他人が見ているお前なのだぁぁぁぁぁ〜!!”

と自分自身への叱責をモチベーションに変えて、再スタートです。
空手も合気道も、先は長いです。

他人にラッパを吹く前に、自分自身に謙虚に稽古をいたします。
ダハハハハ m(_ _)m



今日のテーマ
  「浅くてゆる〜い考察 4」

13日の続きですが、少し趣を変えて。

“気功”や“気”について思うところを書いてみたいと思います。

自分なりの考え方なので、いくつか語句の説明をいたします。

まず最初は“現実の認識”について。

私達が目を通して視ている外界は真実かと言えば、正確にはそうではありません。
眼球を通して入ってきた情報が、一度脳内で編集されて、その編集されたものを“視たもの”として認識します。

よく例に上げられるものに、「ビデオカメラの手ぶれの話し」があります。

ビデオカメラを目の高さに固定して、歩きながら撮影します。
それを再生すれば、画面が激しく上下して、気持ち悪くて見ていられないと思います。

ところが、私達は普段何気なく歩いていても、目に映る風景が上下しているように見えているでしょうか?

見えていないと思います、世界は固定されています。

これは、実際に眼球が受けている情報は、手ぶれのカメラと同じ画面なのですが、脳内で歩行に伴う上下動を消してから、目に映った情報として認識させていると考えます。

また、匂いも“慣れ”といったものがあり、強い匂いを感じていても(程度にもよりますが)、時間が経てば気にならなくなってきます。

音も、「カクテル・パーティ効果」と言われているものがあり、私達は特定の音を選別して聞くことが出来ます。

これらを踏まえて、第一のお約束として、

◎私達が現実だと思って、五感で認識している世界は事実ではなく、脳内で再構築された世界である

を、上げておきたいと思います。

そして、物事が、事実か、事実でないかを考えるときに、

1.客観的な事実

2.主観的な事実

の2つに(自分は)区別
しています。

1.の客観的な事実は、目の前にある自動車のように、誰でも触れることが出来るし存在を確認できるものと考えます。
形状も色も、それを見た人は同じ認識を持てると思います。
↑ ↑ 第一のお約束で考えれば、脳内の機能が誤作動していないと前提しています。
(何を持って“誤作動”とするのかは、私には難しいです。スイマセン…)

2.の主観的な事実は、外界にあるものではなく、その人の脳内だけで構築された出来事と考えています。
あるいは、外界からの何らかの刺激を、全く別のものとして脳内で再構築して認識したもの。
横にいる人には認識できていなくても、その人には見えているし存在しているのです。

と、最初の定義をしておいて、展開は次回以降にアップさせていただきます。
ウウウ (o´Д`)=з ムズカシイィィ〜


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 健康ブログ 整体へにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

【整体師のお仕事♪】
資格取得、学校の様子や求人情報まで、整体師のホントが見えてくるブログリンク集

Posted at 2008年10月15日 11時22分26秒  /  コメント( 0 )