西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2008-10-10 の記事

生まれいずる悩み(爆)

水曜日(8日)は、まいりました。

来週早々に〆切りの原稿に取りかかりました。
段取りは決めていたので最初はスラスラ進行し、「オレもやるもんだ」と自画自賛。
しかし、それは20分間だけでした。
ツボの位置を表す文章を考え出したら、ピタッと指が止まる。
どう表現したらいいか分からない。
ネットにも参考資料にも、同じような紹介文が沢山あるのですが、どれも今ひとつに感じます。

特に、図版がない状態で説明しようと思うと大変なのです。

空き時間は、ず〜っとPCの前。
その、頭の中の空白感は、帆船で大海原を航海中にピタッと風が止まって、鏡のような水面(みなも:と読んでくださいwww)をイメージさせます。

こうなると集中力も減退、どうしようもなく数時間が経過して数行。
お酒も飲まず、夕食後もひたすらPCの前。
何とかひねり出してみましたが、中一日空けた本日(金曜日)見直してみて、どう感じるかです。

上手く進行できれば、2時間もあれば終わるはずなのに…。

ヘッドフォンなどいじっていれば、スピーカーを固定しているプラスチックがねじ切れて使用不能に。。。orz

踏んだり蹴ったりの一日でした。

水・木とメールのやり取り数本。
高校時代から(大学は学部が違ってほとんど会っていない)の友人が、施療に来ます。
約10年ぶり、どんな男になっているか楽しみです。



今日のテーマ
  「古事記礼賛(ひいきの引き倒し?)」

私は20年ぐらい産経新聞を愛読しています。
左右に関係なく、思い入れの強いところが興味深いのです。
今朝の一面の左側に、「寒蛙と六鼠(かんがえる と むちゅう)」といったタイトルで論説委員の方のコラム? エッセイ?があります。

ノーベル賞を日本人4人が受賞したことを喜んでいるのだけれど、途中の文章は、

・・・・・・・以下引用開始(部分)

4氏の研究テーマに何か共通項はないだろうか。そう考えていたときに「古事記」の天地創成のくだりを思いだした。

 「国稚(わか)く、浮ける脂のごとくして久羅下(くらげ)なすただよへる時に葦牙(あしかび)のごとく萌え騰(のぼ)る物によりて成りませる…」という部分だ。

 天と地が分かれたばかりのころの大地を、海を漂うクラゲのイメージでとらえて、表現している。

 下村さんのクラゲと物理3氏の研究が、ここで重なる。

・・・・・・・引用終了

重ならないと思います。
この後、受賞対象となった素粒子論の解説があり、最後の〆は

・・・・・・・以下引用開始(部分)

下村さんの研究は、生命科学の飛躍的な発展をもたらした。発光クラゲによるビッグバンだ。この人の場合もじっくりとした取り組みが世紀の大発見につながった。 それにしても古事記はすごい。「葦牙のごとく萌え騰る」勢いは宇宙の始まりのイメージだ。

・・・・・・・引用終了

「だから、産経などの右翼新聞は古事記などの古典には真理が書いてあると本気で信じているんだよな〜。バカウヨなナショナリズムなんだよな〜」
とも思っていません。
また、そのようなことをあげつらって見たいとも思いません。
(ちょっと苦笑しましたが (´-ω-`;)ゞポリポリ )

※論説委員の方も、古事記が宇宙の開闢を現代物理と同じスタンスで、表現していたとは思っていないと思います。

素直に、古事記の記述が「そうとも取れる」ことに感動しただけだと思います。
その感じ方自体には、特に何を言えるわけでもなく人によりけりでしょう。
(一般的に言われる“ファンダメンタリスト”ほど過激ではないと思います)

ここで、私が感じたのは、最近では下火とはいえ、逆に言えば根付いてしまったような「ニューエイジサイエンス」、「ニューサイエンス」、あるいは、

「似非科学」

というものにつながるのではないかと。

(厳密に言えば、ニューサイエンスと似非科学は違うと思いますが)

少し、話が広がってしまいましたが、次回からは「浅くてゆる〜い考察」とタイトルして、自分なりの考え方を書いてみたいと思います。

今朝の産経新聞コラム「産経妙」では、ノーベル賞の日本人4人受賞に対して、一人は米国籍、もう一人は研究生活の拠点を米国に置いていることを取り上げて、

「頭脳流出」

を切り口にして、日本の研究体制について懸念を書いています。
コラムにも書いてありましたが、私も受賞に対して「ケチをつけるつもりはない。」けれど、手放しで喜んで良いのか、と思っています。


第一面の記事で、随分温度差があるところが、また、面白いと思います。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 健康ブログ 整体へにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

【整体師のお仕事♪】
資格取得、学校の様子や求人情報まで、整体師のホントが見えてくるブログリンク集

Posted at 2008年10月10日 06時27分28秒  /  コメント( 0 )