西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2008-06-15 の記事

座りっぱなし

昨日(14日)は文章書きです。

ご予約は早い時間に集中していたので、朝から電脳関係をサクサク更新。
入浴、食事。
予定通りに進む。

施療は股関節を中心とした難しいケースでしたが、何とか結果を出せました。
ご利用ありがとうございます。

その後の、長い長い一日はずっとPCの前。
〆切り目前の文章が何も浮かばない。
いえ正確には、詳細に書こうと思えばいくらでもかけるのですが、初級者向けに大胆にかいつまんで書こうと思うと、何を削ったらよいのか、この問題は触れて置いた方がよいのか、構想は膨らんでいたのですが、取捨選択のラインが上手く引けない。。。orz

そうこうしていると、必要なデータのやりとりがありましたが、上手く開けられない。
おしえてちゃんになって、「ググれカス!」となっても、それはそれで怖いので必死の検索。
エラーメッセージやエラーナンバーをグーグル様にお尋ねして、ようやく解決。
(*^_^*)」

しかし、時間は過ぎていく。
あっという間に夕食、21時。
缶ビール500ml×1、冷や奴一丁、ポテトサラダ、チャーシュー数枚、カップ麺、ごはん軽く一膳。
早々に自室に戻り、続きに取り組む。


23時過ぎ、取りあえず完成!!
バンザイして、出撃も考えたのですが、即却下(笑)。
頭の疲労を感じながら即寝。
気持ちがせわしいので、本も読めず。
あっという間に入眠、爆睡。



今日のテーマ
  「こんな施療をしています 2」

昨日の続きです。

ストレッチの魂は、ポーズを行うことではなく、必要な部位を伸ばすことです。
身体の柔軟性は個人差があるので、そこに微調整が必要になります。
口頭だけでは分かりづらいので、実技を行いながらになるわけです。

では何をコツとして話したのか?
どのような実技を行ったのか?


最初に足を伸ばして座っていただきます。
身体を前傾するのですが、その時に

1.頭を下げて額が脚につくように身体を倒す

2.顔を上げて胸が脚につくように身体を倒す

この2つを行います。
あまり大きな差がないように思われるかもしれませんが、実際にやってみると伸びる場所がまったく違います。
次に、開脚して身体を前傾しますが、その時も上記の2つを行います。
1の場合は、首や背中も伸びますが、2の場合は内股をメインとしてストレッチがかかってきます。

その後、座って開脚、身体をどちらかの足の方に倒します。
このときに、どこが伸びているのかを意識していただきます。

・少しだけ身体の倒していく場所を内股よりにします

・少しだけ身体の倒していく場所を外側にします

これだけのことですが、伸びていく場所が移動します。

こういった比較的に簡単な実技により、ちょっとしたポーズの違いによる結果の差を、ご自身の身体で認識していただきます。

「ストレッチはポーズを真似するだけではなく、どこを伸ばしたいのかをまず理解すること。その上で、各個人によって柔軟性に差があるので、伸ばしたい部位が伸びるように、微調整しながら行いましょう」

文章で書けばこれだけですが、実感を伴うことにより実践しやすくなると思います。

整体の施療だけで終わるのではなく、必要であればこのような実技も行っております。
お気軽にお尋ねください。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 健康ブログ 整体へにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

【整体師のお仕事♪】
資格取得、学校の様子や求人情報まで、整体師のホントが見えてくるブログリンク集

Posted at 2008年06月15日 07時57分17秒  /  コメント( 0 )