西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2008-03-17 の記事

親孝行は体力勝負で(...


写真は義弟からいただいたお土産(焼酎最中)。
他にも沢山いただきました。
いつもありがとう!



先日は、人間の身体の偉大さを感じさせていただきました。

母親の先週はかなりハードな予定でした。
急な用件が出来て、水・木・金は仙台に出かける。
金曜日の17時頃に帰宅。
21時前に妹と甥姪が来る。
土曜日は朝から動いて、夕方からは妹ファミリーとドラリオンを見に行く。
身体を休めているヒマがないのですが、よく見ると土曜日の昼前後なら時間が空いていそうです。
少しは身体を押してあげようと思いましたが、今度は私の時間が取れません。
よく検討した結果、私の行動予定を前倒しにすることに決定。
土曜日は3時半に起床いたしました。

しかし、この時間には妖怪“体中が痛い”が出現していたのでした。

木曜日の一日稽古(合気道を約5時間)、金曜日の空手道場(マグネット・コーティングが出来ていない身体でスピードにチャレンジww)、による筋肉痛に加えて、軽く引いている風邪で節々が痛い。
目が覚めたら身体が動きません。
口からはうめき声しか出ない(笑)。

体中が痛い!!!

痛いので目は覚めましたが動かせません。
動かそうという気力も湧いてこない。

微熱を感じる身体の火照りと、動かそうと思った瞬間にその部位と、その部位に近い関節に感じる痛み。

新手の“金縛り”です(爆)。
15分ぐらいしてようやく動き出して、風呂のスイッチオン!
氷を入れてアイシング用の氷嚢を準備。
体中を冷やしました(笑)。
痛みも引いてきてPC仕事。
7時には終了して入浴。
午前中は時間が空いたので、母親のヒマをみて背中を押すことが出来ました。

しかし、3時半に感じた痛みと7時の時点での痛みには雲泥の差があった。
身体のリペア能力というか、睡眠の重要性を実感いたしました。
この日は昨日の日記にもアップしたように、夜は楽しい酒飲みでした。
まあ、ご褒美として許してくださいね。
ψ(`∇´)ψ うきょきょきょ



今日のテーマ
  「私のストレッチ体験 6」

前回の続きです。

約20年のストレッチ経験を大雑把に振り返ってみます。

☆ストレッチ開始(25才)

・最初の1年ぐらいで、何とか子供達に追いつくようになる。
・開始して10年ぐらいは“痛い”が先に立ち、あまり好ましく思えなかった。
・冬場は固くて手を抜き気味、暖かくなってからしっかり取り組み始める。
・10年以上経ってから“伸びる(伸ばす)気持ち良さ”を感じるようになってくる。
・頭が着く、股関節が開く、身体が捻れるなど、それなりにできるようになっているので、それ以上を目指すことは考えなかった

☆15年

・冬場は寒さによって固くなりますが、時間をかけながらじっくりおこなうようになった。
・現時点よりも上を目指すことを考えるようになる。
(少しずつですが更に伸ばしたり、ポーズにかける時間を長くしている)

☆21年(現時点46才)
・年々体が固くなっていくのを実感している
(結果としてはよく伸びるのですが、最初に動く時の固さが違ってきている
このような感じで推移してきました。

私の体験では、

・固い、柔らかいは、個人によってかなり差がある
・結果がでる、でないにも、差がある


“でやすい人、でにくい人がいる”、と言い換えることも出来ます。

といった感じです。
しかし、経験は力なりと言いますが、コツコツと続けることが大事だと考えています。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 健康ブログ 整体へにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2008年03月17日 07時51分14秒  /  コメント( 0 )