西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2008-03-08 の記事

子泣き爺発見!

昨日(7日)は東スポにやられました。

お昼のニュースで動画を見てがっかり。
mixi内の日記などで、既に決着がついていたらしい情報と分かり、二度がっかり(笑)。

そんな最中、京極夏彦著「妖怪の理 妖怪の檻」を読了。
「豆腐小僧双六道中ふりだし 本朝妖怪盛衰録」で書いていた京極理論をまとめていて、非常に興味深く読めました。
内容とは関係のないとこで、いくつか考えさせられる面もありました。
それはいずれアップしたいと思います。

500ページを超える力作です。最後の60ページほどは講演録になっていました。
そこには個人的な考察以外に、妖怪関係のフィールドワークも話題になっていました。
民間の研究者が「子泣き爺」の伝承を調べていて、遂に元ネタらしきものを採取出来たそうです!

子泣き爺のモデルとして、赤ん坊の泣き声を真似るのが得意で、山の中をうろつき回っていた老人が実在したそうです!

ある(狭い地域の)集落で子供のしつけや、脅かしのネタにその老人を使っていたそうです。
その話を郷土史家が柳田国男に報告したと。
もっとも、その地域には「赤ん坊の泣き声の怪」などの民間伝承もあり、全てがその老人一人に集約されるのではなく、有力な元ネタの一つだそうです。

ツチノコは失いましたが、「子泣き爺」は手に入りました(笑)。
今シリーズの鬼太郎でも「いやじゃ、いやじゃ」とごねる姿は、我慢の聞かない年寄りのようで、妙に印象に残っているのでした。
(^_^)v

施療もしっかりとさせていただきました。
最終のお客様がお帰りになったのは20時半。
雨の中、ありがとうございました。
記録などをつけてから夕食。

イカフライ、もやし炒め、キャベツで焼酎+炭酸水+レモンを飲む。
23時半消灯、即寝。



今日のテーマ
  「私のストレッチ体験」

先日お客様にストレッチの解説をしていると、

「身体が固いからストレッチをやってもただ痛いだけ。どこを伸ばすとかの余裕なんてないし、よく分からない」

とお話になりました。

確かに固い。
だけど、私も同じかそれ以上に固かったのです。
そのお気持ちはよく分かります。

たまにお客様にお話しするのですが、自分のストレッチ体験をアップしてみたいと思います。
個人的な経験談なので一般化はできませんが、ご参考になれば幸いです。

私は小二からスイミングスクールに通い始めました。
最終的には小6の時に選手コースまでいったと思います。
このときの思いでは足首と股関節が固くて(小学生なのに!)、平泳ぎのキックが“拝み足”になってしまい、上手に水を蹴れなかったことです。
コーチに散々足を捕まれて、「こう動かすんだよ」と教わっておりました。

小6の夏前に「おまえを水泳選手にするつもりはない」とあっさり退会させられて、近所の警察署(大井署)の少年柔道に入会。
(入会して一週間後に肩を脱臼。その後の波乱を予感させるスタートでしたww)
高校卒業までは部活も含めて柔道がメインでした。
(中学で少しだけ軟式テニスも)

この時期は“ストレッチ”の名称だけは知っていましたが、「何それ?」といった感じで、概念は知りませんでした。
もっぱら、

「イチ、ニイ、サーーン、固いなおまえ! おら、その手をどかしてもっと曲げろよ!!」
「イテーー、勘弁してください〜」

といった柔軟体操でした。
それでも何とか、足を閉じて真っ直ぐ立ち、勢いをつけて前屈すれば、両手のひらが床に着く程度には曲がりました。
(ブルース・リーのストレッチシーンに影響受けてますww)

本格的なストレッチとの出会いは、25才で空手道場に入門してからです。

続きは次回にアップさせていただきます。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 健康ブログ 整体へにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2008年03月08日 08時07分13秒  /  コメント( 0 )