西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2008-02-25 の記事

薬にはたよりません(笑)

昨日(24日)は自分の衰えを実感いたしました。(T_T)

早朝から日記関係に着手。
入浴を済ませて、9時5分前には母親を乗せ大森カドヤの朝市へ出発。
あれやこれやと買ってきて10時帰宅。
それから朝食。

13時ぐらいに小腹が空いたので、昨日作ってもらったあげ餅を食べる。
これが思いの外、お腹に溜まる。
というよりは、消化されていくといった経時変化があまりない(笑)。
いつまでたっても胃にあります。
ピザなどをどか食いして、胃にもたれたというのとは違う感じ。
胃は膨らんでいる感じがする、しかし、腹一杯で苦しいとは違う。
これが、

「腹持ちが良い!」

ということなのか?

胃薬を飲んでスッキリしようかと思いましたが、そういうのとは違う感じなので何も飲まず。
なんと、夕食はベーカリーのサンドイッチ一箱(約2〜3僉10僉6切れ)。
食べようと思えば、食べることは出来たと思いますが、これといって食欲も湧かず。
お酒も一滴も飲まずアッサリ寝ました。
特に胃もたれしているわけではなく、スッキリした感じで消灯。即寝。

たまには良いでしょう。
しかし、何となくスッキリした感じは食事量が少ないから。
普段は食べ過ぎなのかと。。。orz
(ー`´ー)うーん



今日のテーマ
  「こんな施療をしています」

“お客様のことを一番に考えています”、良く聞かれるフレーズです。
湧泉(ゆうせん)でも同じように考えています。

その一端として、お客様を自分のところだけに抱え込もうとしないようにしています。
せっかく来ていただいたお客様なので、自分のところだけを見て欲しいとは思いますが、
お客様の状態に合わせて自分の施療スタイル以外にも、考えられる物があればお話しするようにしています。

冷えを訴えるお客様がいらっしゃれば、自分の冷えに対する施療もいたしますが、運動や“暖か系”の施療の紹介、漢方薬局の情報なども話しています。

先日も、腰の痛みと下肢への強い痛みを訴えるお客様がお見えになりました。
普通は施療を行い、様子を見てと言うところでしょうけれどお話を伺っていると、いつも通っているところでもあまり良くならず、今回は様子がいつもと違うと言うことです。
取りあえずの施療はいたしましたが、経緯を伺ってお医者様の受診を勧めました。
その方は外科に行かれたのですが、腰椎の軟骨がすり減って現在は痛み止めの注射をしているそうです。
湧泉(ゆうせん)には痛みの強いときに来て、かばって歩くため他の場所の疲労や、“そう、そこです”といった場所の施療をさせていただいてます。

コリ、ハリ、痛み、だるさなど、お身体に不安があるときはいつでもご来院、ご連絡ください。
施療前、施療しながら、施療後にお茶を飲みながらなど、湧泉(ゆうせん)でどのようなことをするのか? といった説明もしますが、あまたある各種施療の特徴などを踏まえてお話しさせていただいています。

※私は診断、判断、決定などができる資格を持っていないので、各種療法の特徴などは話せますが指示などはできません。
ご理解をよろしくお願いいたします。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 健康ブログ 整体へにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2008年02月25日 10時25分26秒  /  コメント( 0 )