西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2008-02-15 の記事

細かい仕事

水曜日(13日)はこの数日とはうって変わって静かな日でした。

空き時間を目一杯利用して、
・会員証、回数券の作成
・地元スーパー用のチラシ作成、張り出し依頼
・フェイス用ペーパー切り出し
・記録作成
などを積極的にこなす。

意外に時間がかかり気がついたら夕方でした。
気分転換には読書。
平和な一日でした。

新たに電話連絡などをしてはじめてみたい企画も考案。
連絡先などを調べて、必要経費などを確認していくつもりです。
いくつか気になる単語を調べながら23時過ぎには消灯。即寝。



今日のテーマ
  「寒いときこそ“クールダウン”を」

運動後に行う整理体操をクールダウンと言うときがあります。
夏には語感から来るイメージが気持ち良いので、まさしく運動後に熱くなった体をゆっくりと動かしながら、緊張した筋肉をほぐしていきます。

それに対して冬場は何もしなくても汗は引くし、逆に運動後にもたもたしていたら返ってからだが冷えてしまい、体調を崩す原因になりかねません。
しかし、冬場こそしっかりとしたクールダウンを意識して行いたいと思います。

気温が低いと、運動後も筋肉が固くなったような気がします。
運動時に負担のかかった関節なども、体温の低下と共に動きが固くなっていきませんか?
会社帰りに汗を流してスッキリしたのは良いのですが、帰宅途中で体が冷えていくと筋肉痛や古傷が痛み出した経験はないでしょうか。
(個人的にはガッツの入った稽古の後などは体中が締め付けられるように痛みます…ww)

やはり気温の低い時期は、暖かいときとは違って体自身が持つ保守管理機能も低下しているようです。
だからこそ、運動後のタップリとしたストレッチにより、

・筋肉の緊張をほぐす
・ストレッチにより強制的な筋肉のポンプ作用を促進させて、筋肉内の老廃物の除去
・酸素を含んだ血液との置換

などを意識して行うこと
が重要になると思います。

運動終了後は汗が引けばよいのではなく、まだ体が暖かいうちによ〜く伸ばして緊張を解いてください。
寒いときには思わぬ怪我も発生しやすいです。
しっかりとしたクールダウンは、運動時には気がつかなかった怪我の発見などにもつながります。
有効活用して次回の運動に備えておきたいですね。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2008年02月15日 09時51分43秒  /  コメント( 0 )