西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2008-02-09 の記事

田崎真也賛江

昨日(8日)は空手道場で語ってしまいました(笑)。

この一年ぐらいで実感しているのが、

「メルシャンワイン ミラージュ最強論」

です。

コンビニの冷蔵庫でフルボトル¥385で赤白が売られています。
スクリューキャップで使い勝手もグー。

何が最強かと言えば、当たりではない、絶対はずれている。
しかし、それが幸いしてい嫌みのない味になっているということです。
そう、美味さも無いかわりに、嫌みもないのです。

私の線引きでは、フルボトルの赤ワインなら¥5,000以上、白ワインなら¥3,000以上ではないと美味しいと思うものには滅多に出会えません。
レストランなら更に乗せてあるので怖くて注文できません。

手が届きやすい¥1,000〜¥2,000ぐらいでは、「もう少し何とかなんねーか」といった感想が多いです。
ましてや、輸入物の¥1,000以下のものには恐るべきものも存在します(笑)。
さすがの私も一本飲めなかったり、ゆっくり飲んでいたら飲んでいる途中から頭が痛くなってきたり(爆)。

いわゆる、ワインの風味や諸味といったものを、思いっきり安くカリカチュアしたものです!

¥1,000以下の輸入ワインでも当たりであれば、

「ああ、ゴッドファーザーに出てくるようなチンピラはこんなワインを飲んでいるんだろうな〜」

としばしのロマンに浸れるものも過去にはありました。
しかし、ユーロだてになってからか、レートが変わったのか、お目当てのワインはどんどん値上がりしていきました(泣)。

「メルシャン ミラージュ¥385」を何故押すかといえば、

1.爆安
2.ほとんどワインらしい風味などがない!
しかし、それが幸いして、よく言えばスッキリして雑味が無い出来具合になっています。
香りも弱いのがポイント(爆)。

安いワインに特有の、あざとい「コレがワインらしい香りや味ですよね」といった主張が端からされていない。
では美味いのかと尋ねられれば、決して美味くない。
どちらかと言えばではなく、ハッキリ言って、値段考えたら文句言えないよね〜、の世界です。
しかし、見事にスッキリしていてノドに引っかかるものがないのです。
(o^^o)ふふっ♪

適当な値段を払って「マジかよ!」となることを考えれば、テーブルワインとしては最適だと思います。


といったことを空手道場で話していたら(爆)、一般の方が、

「前にソムリエの田崎真也さんとお酒を飲んだことがあるのですが、その時にお勧めのワインを聞いたら、コンビニの¥500以下のワインが意外に飲みやすくて良い、と言ってました」

と賛同してくれました。

ああ、オレの酒飲みも田崎真也レベルまで来たかと一人でほくそ笑んでおりました。
どっとはらい。
ψ(`∇´)ψ ウケケケッ

もっともこれは家で一人のみの場合です。
お酒は仲間と歓談することによって大変美味しくなります。
だから、仲間と飲むときはいつも楽しくて美味しいお酒なので飲み過ぎてしまうのです!!!




今日のテーマ
  「“強さ”について考えてみる 4」

昨日の続きです。

人より上になるには、人より多くの練習量が必要になります。
これは運動に限らず、勉強でも同じことだと思います。
一般的には、辛い、キツイ、厳しい、などと言われることでも本人には何らかのモチベーションがあり続けてこられたのでしょう。
上手になりたい、強くなりたい、○○選手のようなプレーがしたい、褒められたい、異性に注目されたいetc。
そして、その種目が好きだから?

あるいは、勉強が苦手だから運動に打ち込んだのでしょうか?
その逆で運動が苦手だから、勉強を一生懸命やる人もいたと思います。

これは、

結局は好きなこと得意なこと、出来ることをやっていた

とならないでしょうか?

確かに運動や勉強をあるレベル以上で取り組むのは辛いと思います。ほとんどの人が遊んでいるときに、黙々とこなしていかなければならないから。
その中で、壁にぶつかったり挫折を経験したり、その都度乗り越えていくところに強い精神力や他人の賛辞が得られるものでしょう。

そういった苦労や努力を認めながら、

謙虚でなくてはならない

と私は考えます。
なぜなら、自分の出来ることで頑張っただけだから(それが大変なことなのですが…)。

本当に苦手なもの、運動選手が勉強をしたり、文系が得意な人が理系の勉強をしたりなどの、拒否反応を示すものに取り組んだわけではないと思います。
そう考えていけば、理不尽な要求にも頭を下げる営業マンや、無理な発注であってもお客様第一で取り組んでいく製造部など、形は違いますが一般社会人の方がよほど努力や忍耐をしているのではないでしょうか。

どの世界でも突出した成績を残せる人は、他人よりも何倍も努力をしていますがそれが最高ではなく、そういった努力を通して人格の完成をしなくてはならないと私は考えます。


強さとは心身両面を鍛えるだけではなく、そういった行為を通して何を得ていくのか、そこに現れてくるものだと思います。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2008年02月09日 10時21分11秒  /  コメント( 0 )