西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2008-01-12 の記事

女性に注目されました ...

昨日(11日)は空手の初稽古でした。

午前中はいつものごとし。
開院と同時にお客様がお見えになる。
お足元が不安定なお客様なので、お茶の後に地元駅までタクシーをひろいに行きました。

歩いていると、向こうからやって来る“清楚な感じがど真ん中ストライク”である女性が、こちらをじっと見ています。
視線が熱い。

特殊なガタイをした男性以外では久しぶりのガンミです(笑)。

オレってイケてる?
とかなり良い気持ちになり、その女性の後に目がいくと、後で立番しているお巡りさんもこちらを見ています。

その瞬間に全てが分かりました。
施療院では暖房をかけているので、施療中の上着はTシャツだけになっています。
その勢いで、車を探しに出てきたので、
・国体Tシャツ
・トレーナーズ・パンツ
・裸足
・サンダル

1月では珍しい恰好でしょうか?
それは申し訳ございませんでした。
熱い視線ではなく、目がそらせなかったのでしょうか(爆)。
仕事が無ければ声をかけてしまうところでした。
いやー゚。(*^▽^*)ゞ 。。

その後は、施療院を片付けるまもなくご予約の電話をいただく。
道場があったので、早めに来ていただきました。
ありがとうございました。

空き時間は図書館へ。
予約した書籍とCDが到着。
CD:アニメタル・マラソン「特撮編」
う〜ん、もう一つの出来でした。

書籍:谷川健一(著)「白鳥伝説」
思ったより大部の本でした。
楽しみです。

急いで道場へ。
元気の良い子供達と久しぶりにガッチリ稽古。
開始60分で筋肉痛を実感。
久しぶりに良い汗をかきました。
スッキリして帰宅。

野菜炒め、日本酒2合、サワー2杯。
0時過ぎに消灯、即寝。
翌日の筋肉痛が怖いです〜〜。
(>_<)



今日のテーマ
  「じっくりストレッチ 3」

昨日は力が入っているときと、抜けたときを吊革につかまっている状態を例にして説明いたしました。

ストレッチにおいてはそれらはどのような状態のことなのでしょうか?
その点を考察していきたいと思います。

筋群にストレッチをかけて伸ばしていきます。
ある程度伸びると、それ以上は伸びなくなります。
(なれている方は、そのときに小さな負荷を掛けてもう少し伸ばします)
この状態で固定すると、筋肉は“ピンと張った”状態になります。

※このときにご自分の筋肉の状態を感じてください

おそらく、

・この時点で痛い、あるいは、これ以上伸ばされると更に痛くなるので、現状よりは伸びないように“縮もうとする力”、が入っていませんか。
この状態が力の入っている状態です。

多くの方は、この状態(力が入っている)でポーズを維持しています。
これでは、脱力→筋肉が伸びる(ストレッチする)ことにはなっていません。
“ストレッチは痛いから苦手”、“随分やっているんだけど固いんだよねー”といった感想が出てくると思います。

つり革でも、ストレッチのフォームでも、外から見た目は変わらなくても、

・筋肉に力が入っている
・筋肉から力が抜けている

この2点の状態があることを認識していただきたいと思います。

次回はこういったポイントを押さえて、9日(水)にアップした図式に手を加えてみたいと思います。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ


           
レーベル: コロムビアミュージックエンタテインメント 「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」
言葉のいらない最高の一枚です。作品が蘇る云々だけではない、楽曲の素晴らしさを感じます。

Posted at 2008年01月12日 09時24分27秒  /  コメント( 0 )