西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2007-12-04 の記事

妹、怒り爆発か!?

昨日(3日)は臨時休業させていただいて、私・母親・妹の三人で都内と神奈川県をサーキット。

昼食はカレーのバイキング(in蒲田)です。
「マイ マサーラ蒲田」
http://www.my-masala.com/Top.html

今まで食べたカレーのバイキングでは一番でした。
豆カレーが良い味を出しています。
ナンは甘みを感じるクリスピーナ感じ。
サフランライスも白いご飯も美味しく炊けています。
+¥200でドリンクも飲み放題。
チャイは使っている茶葉が良く美味しかった。
ラッシーもあります。
アイスクリーム6種類は魅力。
スムージーみたいなものも2種類(ファンタのメロン・グレープ)
満足。

プリンは自家製とのこと。
すが入ってしまい結構固い。

私:「固いねこれは。調理実習で作ったのを家でも作ってみましたって感じかな。パンみたいだよ。パンプリンだ」

妹:「私は固いのが好きだからこれもいい。だいたい最近の柔らかブームは何だ!柔らかの次は滑らかだって?!
昔はやった○○の滑らかプリンは美味しかった?並んで買うほどのものかね〜。

そんなに柔らかいのが好きなら、プリン液冷やしてそれを飲んでろっつうの!!!

ムキャー!! ヾ(`Д´*)ノ 」

おお、ボルテージがみるみる上がっていきます。
それほどプリンと固さにこだわりがあるとは知りませんでした。
彼女とは長い間兄妹をさせていただいていますが、また一つ勉強になった45歳の師走でした。
子供を送り出した後に、数時間の急ぎの計画でした。
お疲れ様。

用事を済ませて、母親と帰宅すれば18時半。
PCをチェック、少し事務仕事して20時半。
夕食は山桃へ(私だけ)。
かさごの煮付けと厚揚げ焼きで酎ハイ3杯
22時前には帰宅。
(週末にはお楽しみの勉強会があるので自粛モードか?)
(^m^ )クスッ

読書して即寝。



今日のテーマ
  「骨盤調整で痩せる?」

先日、お客様とお話しをしていて尋ねられました。

「骨盤矯正で痩せるの?」

私の答え:

「お客様がお考えのような、矯正→痩せる とストレートに繋がることはありません。
骨盤矯正ダイエットや、骨盤の歪みが諸悪の原因のようなことを書いてあるところの説明を良く読んでみてください。

『骨盤が整うと○○が良くなり、すると○○が正常に動くようになる。その結果○○が○○して、代謝も良くなり痩せる』

となっていると思います。体調不良に関しても同じような考え方です。言うなれば風が吹けば桶屋が儲かると同じような考え方だと思います。
確かに、骨格の歪み由来の痛みやハリなどもあり、歪んでいるよりは整っている方がよいと思いますが、即どうこうなるわけではありません

骨格の矯正は大事だと思いますが、やたらに危機感を煽ったりするのは好きではないので、上記のように答えさせていただきました。


以下、多少脱線になります。
例えば、痩身(減量)目的であれば、適切な運動と食事量が一番重要です。
適切な運動をすることにより、骨格の歪みも整えられていき、まさに一石二鳥です。
実際にお客様の中にも、肩こりや腰痛などかなり辛いものをお持ちでも、運動と減量により調子が大変よくなった方もいらっしゃいます。

一番強烈な感想を述べた方は、

「食事管理(量&内容)は大変だし辛い、トレーニングは時間も拘束される。だけで、以前のような身体や体調を考えれば、ちっとも苦にならない」

と言い切りました。
現在のふやけきった自分の身体を反省させる金言です。
流行語大賞ではありませんが、自分自身も「どげんかせんといかん」。。。orz


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ


          
出版社: 角川春樹事務所 「闇の中の系図」半村 良(著)
故人になってしまいましたが、伝奇小説の大巨人だと思います。その素晴らしい着想が良く分かる一冊です。そんな馬鹿な! と思わせない、ん〜もしかしたらあり得るかも と古代に夢を持たせてくれます。大好きな作家です。日本の歴史の闇で活躍する「嘘部」、古代の豪族の氏姓制度は単に血縁集団であっただけではなく、それぞれの一族が才能に突出したグループだった。
機織りであったり、馬養であったり。嘘部は“嘘”の天才集団だった…。書いていても興奮してきます(笑)。約30年前の著作なので、そのタイムラグも楽しい!

Posted at 2007年12月04日 13時09分11秒  /  コメント( 0 )