西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2007-11-23 の記事

シンプル・ヘッドなプ...

水曜日(21日)はインフルエンザの予防接種を受けました。

その日は、お酒は飲まず即寝。
翌日の木曜日は一日稽古。
朝から体調が優れません。
受身を取ったときに、左の二頭筋に軽い痛みが…。
昨日の注射を思い出す。
すると、みるみる体調が落ちてきます(爆)。
自分の指導の時間が終われば、早引けしようかと真剣に考えました。

道場は寒かった。。。。12度ありません。
「動かなければ、ダメになる!」
と結論。
ガンガン動いていると、今回は体力が勝利したようです。

動くのが楽しくなってきました。

自分でも気分が乗ってくるのが分かります。
ガッチリ稽古して、スッキリして帰ってきました。

まあ、子供達には強気の発言をしているので、自業自得かもしれませんが(笑)。


子供:「寒いよ〜」←正直かつまっとうな発言です
私 :「あー、知らないよそんなことは! そういうときはどうすればいいか知っているか」

子供:「……、我慢するの?」

私 :「我慢なんかする必要はありません(*^_^*)。動くんだよ! 熱くなるまで動くんだ!! ちっとも汗かいてないだろ!! 寒ければ寒いだけ稽古するんだぁぁぁ!!!」
↑理不尽大王です。

注)多少の誇張を交えたフィクションです。ご心配なく。
(^_^)v




今日のテーマ
  「最初のうちは…」

道場や施療院などでは、運動に関する話題が良く出ます。
特に初心者の方が多く話すことは、

「あれこれ言われるので、何をやったらいいか分からなくなる」

指導者から言われたり、周囲の仲間から情報が入ったり、いったい何を指針にして練習したらよいのか?


難しい問題です。
指導者の性格、道場(ジム・スクール)の方針、周囲の方の性格、本人の性格、そういったものが混じり合って状況を形成していくからです。

そこで、各論は置いといて総論を書いてみたいと思います。

私の持論ではまずは動くこと。
理論と実践は車の両輪であり、両方共に大切なものですが、スポーツはパフォーマンスを評価されるものであり、どんな素晴らしい理論も実現できなければ意味がないと考えます。
指導者がいれば、指導者の理論。
テキストや動画で参加しているならば、そこで訴えていること。
それらをまずは、動きの指針にしましょう。

一通り動けるようになると、各人の体格や運動能力などの差が出てきます。
次のステップとして初めて、動きやすいフォームを考えたり、あるいは筋トレ・ストレッチなど補助運動を行い、ご自身の体力を向上させていきます。
そこまで来れば、自然と視野も広がり、色々な意見も取捨選択できるようになると思います。

関連したことを次回にもアップしてみたいと思います。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2007年11月23日 06時28分10秒  /  コメント( 0 )