西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2007-08-10 の記事

一つの時代が終わりました

水曜日(8日)は山中屋道場の最終稽古日でした。

師範が空手道場として、フロアを借りて活動を開始したのが、22年前。
私が入門したのが、21年前。
あっという間の歳月です。

取り壊して、新しくマンションか、建て売りにすると言うことです。
幸い、地元の方のご尽力で近所の小学校と中学校を借りることが出来ました。
これからは、学校施設、公立スポーツセンターに活動の拠点を移します。

夕方のお客様の施療を終了して、急ぎ道場へ。
最後の稽古に参加して、みんなで記念撮影。
ロッカーからは、過去の記念盾や賞状が出てきます。
みんなで分けて、奇麗にしました。
最後に鍵を閉めて、電気を消して退場。
感慨深いものがあります。


※画像は取り外して、奇麗に拭いた看板。
文字通り道場の看板として、22年間を見守ってくれました。
師範の車に積み込む。
お疲れ様でした。

師範がオールジャパンの監督、師範代が軽量級の日本代表として、初めて世界大会へ出場したときは、私一人が留守番でした。
(もう一名の師範代は、JICAで某国へ研究員として派遣)

「(看板)持って行かれんなよ (*^m^*) ムフッ」

とハッパをかけられたのも懐かしい思い出です。

帰宅して、一人ビールで乾杯。
次の20年は何をしているのか?
どこに向かっているのか?

漠然としたことを考えると、

「♪い〜つか〜っていつ?」

と某アニメの発禁になった、キツイ挿入歌が浮かんでくる。

せめて、白土三平「忍者武芸帳 影丸伝」の最後の方のセリフ

「われわれは遠くから来た そして 遠くまで行くのだ」

が浮かんで欲しかった(笑)。

ビール(350ml×2)、焼酎のコーラ(Zero)割り一杯、餃子。
翌日(木)はハードなので、ご飯を二膳食べて爆睡。



今日のテーマ
  「複数回施療の例と考え方 6」

7月31日から施療回数の考え方に関した記事をアップしています。
それに関連して、複数回の施療に対する例と考え方を加筆して再アップいたします。


ご参考にしてください。


☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 添付開始


クセはすぐに治るものではありません。

4.“クセ”をどう考えるか
身体の歪みなどを診て、少し大げさに私の身体で表現してみせると、

「それは私の仕事中の姿勢です!」

と話されるお客様も多いです。

ではそれに対して、
「これは良くない姿勢ですから、改善してください」
だけで終われるのでしょうか。

普段の何気ない立ち方や歩き方、椅子に座ったとき、仕事中の姿勢など、意識しないで動いていることが多いと思います。
また、それらは、身長や体重、職場の作業環境など、複雑なファクターが長い時間を掛けて形成していったものです。

一朝一夕で正しい姿に変わるものではありません。

気を許して、ふっと意識しないときに思わず出てしまう物、それだからこそ“クセ”と呼ばれるのでしょう。
それを無視して、無理矢理正しい姿を意識し続ければ、身体の変なところに力が入り、余計に疲れてしまいます。
また、精神的なストレスも多大なものがあります。

「10年掛けて出来たクセは、10年掛けて取りましょう」

これが私の考え方です。

正しい姿勢を意識しますが、常にどうこうするのではなく、気がついたときに少しずつ正しましょう。
おそらく、現時点ではクセのある姿勢の方が、身体になじんでいるし、余計な力も必要としません。
その状態から、正しい姿勢の方が楽である、と感じるまで、焦らずにじっくりと待ちたいです。

そういった過程の中で、現状のチェックや外からの矯正に整体が役に立てると、私は考えています。


☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 添付終了

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html


オープン二周年感謝企画!



期間:7月〜8月
1.初見料無料
2.60分:¥4,980
3.40分:¥3,500
※期間中なら何回でも上記の価格で施療させていただいています。


この機会に是非、ご利用ください!


にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2007年08月10日 07時22分30秒  /  コメント( 0 )