西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2007-07-29 の記事

鉄と稲生物怪録

昨日(28日)は久しぶりに街へ。

新宿10時半到着。
まずは献血。
その後、マリアールフレージュで、紅茶の茶葉を買う。
久しぶりなので、三越のジュンク堂→紀伊国屋→紀伊国屋(新南口)→ハンズ→HMVと廻ってきました。

書店では、仕事がらみで欲しい本をいくつかチェック。
その後、趣味のフロアへ。
民俗学関係を要チェック。
琴線に触れたのが、

荒俣宏著「稲生物怪録」¥4,000

高いですが近いうちに購入する気持ちが高まってきました(笑)。
カラー図版の豊富さや、内容の豊かさは値段以上の物を感じます。
その後は、古代史のコーナーへ。
現在の興味は、大和朝廷成立の前後、弥生時代後期から飛鳥時代にあります。
飛鳥・奈良時代、弥生・縄文関係は沢山ありましたが、朝廷成立の前後になると、“読みやすく”書かれている本があまりありませんでした。

もう一つの興味は“鉄の発見”です。
倭国に伝搬してきた話ではなく、人類史の中での話です。
古代オリエントやヒッタイト関係を探すも何もなかった(泣)。
これらの文明に関する書籍も、あまり面白そうなのはなかった。
残念!
エジプト、ギリシャ、ローマ関係のうんちく本なら一杯あったのに。

そして、ハンズでは母親用のシュレッダー挟みを購入。

 
面白い切れ味です。
家庭内で、たまに数枚を細かくする程度なら充分です。
安〜いフレディみたいで外観も気に入っています(笑)。
ε=ε=(ノ≧∇≦)ノキャー  ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ

最後にHMVでグールドのバッハ(ゴルトベルク変奏曲)を購入。
1955年に録音されたものです。
以前、彼の遺作となった「ゴルドベルク変奏曲」を聴いて感銘を受けたので、デビューとなった最初の「ゴルドベルク変奏曲」も聴いてみたかったのです。


夜はプチ勉強会。
翌日は忙しくなる予定なので、即寝(0時半)。



今日のテーマ
  「立ち位置を認識しましょう」

ストレッチなどを行うときは、感覚を負荷のかかっている筋群に集中したり、呼吸を意識したりするために、目をつぶることが多くなります。
それ自体は悪いことだとは思いませんが、

首(首の周囲)の運動をするとき

は、目を開けて置いた方が良いと思います。


自分の姿勢の認識やふらつきの制御など、目から入ってくる情報は大変重要です。
※目を開けた状態では、相当しっかりと片足で立てても、目を閉じてしまうとすぐにふらついてしまう。

首(首の周囲)の運動をするためには、首を回す、倒す、捻る、脱力をするなど、目を開けていてさえ、ふらつく要素は大きいと思います。

視覚を遮断することにより、情報量が激減しリラックス度も上がってくると思いますが、危険防止のために目を開けて動かすようにしてください。

特にこの季節に屋外で体操するときは、日差しのまぶしさ(強さ)、またたきなどが、首の回旋と一緒になるとかなり不安定になると思います。

ご注意ください。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html


オープン二周年感謝企画!



期間:7月〜8月
1.初見料無料
2.60分:¥4,980
3.40分:¥3,500
※期間中なら何回でも上記の価格で施療させていただいています。


この機会に是非、ご利用ください!


にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2007年07月29日 10時36分17秒  /  コメント( 0 )