西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2007-06-16 の記事

効きました!

昨日(15日)は一瞬でスッキリしました。

木曜日に面倒が起こり、その日の夜に知人と会う約束もありましたが、気が乗らず、雨を理由に反故してしまった。
ゴメンナサイ。
しかし、金曜日の朝に一瞬で解決!
気分もスッキリ、朝からカレーを美味しくいただきました。

PCには、施療院のカーテンの見積もりがメールされている。
季節に相応しい色に変えてみようかと計画中。

オープン二周年記念のチラシが印刷されてくる。
印刷屋さんの友人に無理を言って、チラシ原稿のデータも送信してもらうことにする。
(量産チラシは一色刷りだけど、店頭などに置くものは彩色してフルカラーにしてみたいのです)
よろしくね。

知人の母上から、Tシャツをいただく。
知人のアメリカ土産の派手なデザイン。
大事に着ます。ありがとうございます。

朝の9時過ぎから予約のお電話をいただき、一日ガッチリと施療させていただきました。

ここ数ヶ月病院にずっと行っていた方。
「やっと、何とかなってきました。何かグッタリした体なのでスッキリさせてください!」

今日は、上記のような体調不良の方のコンディショニングがメインでした。

夜は母親が天ぷら(野菜、かまぼこ、ちくわのかき揚げ)を揚げてくれました。
明日(16日)は楽しみにしている食材が来るので、日本酒で乾杯の予定ですが、本日も天ぷらで乾杯しました。
近所の酒屋で吟味して四合瓶を購入。
美味しくいただきましたが、思った以上に酔う。
大井町散策に出かけたいのをぐっとこらえて、知人(2名)に電話。
お付き合いありがとうございました。

しかし、良く効く日本酒でした。
瞬間入眠です。



今日のテーマ
  「私のピーク体験(食欲編 ww)」

昨日の続きのようになりますが…。

私は身長180僉体重107圓任后
中学三年の時に100圓鯆兇┐討ら、20代後半〜30代前半の数年間を除き0.1トンの人生を歩んできました。
小学校の頃から体も大きく、沢山食べていましたが本格的なスイッチの入ったのは、やはり中学二年生ぐらいからだと思います。
その後、高校に進学して本格的に運動(柔道)を始めてからは、今振り返ると自分でも信じられないような食事量です。

10代中盤以降の土曜日の昼食は、、、
・食パン一斤
マーガリンを塗って野菜を挟みます。延べでスライストマト2個・スライス胡瓜3本ぐらい。

↓一斤では足りません

・ラーメン2個(袋麺)

↓まだ足りません

・おつゆにご飯の残りを二合ぐらい入れて食べる

これで満足ですが、一緒に牛乳は1リットルぐらい飲みます。

・その他、一人暮らしの頃は、乾麺(そば、うどん、スパゲッティ)ならば乾燥重量で1圓鱶Г任匿べていました。
盛りつけるお皿がないので、中華鍋に入れて食べていたのも懐かしい思い出です。
従姉妹に鍋から食べる人を初めて見た! と驚かれました。

・冷やし中華5玉と、サラダ用のカット野菜3袋を中華鍋に盛りつけ食べようとしたら、
「お、これから焼きそばを作るのかい?」
と言われました。

・中学時代は地元の警察署で柔道を習っていたので、街でばったりお巡りさんの帰りに合うと、焼鳥屋さんで腹一杯食べさせてもらったのも、良い思い出です。
ええ、50本は食べました。
※酒を勧められたりは一切ありません。

・父親が、シャツや靴下を私と共有できる(同じサイズに成長した!)と喜んでいましたが、わずか半年ほどで抜き去りました。


“食べない”運動部仲間もいましたが、総じて普通の人よりは多く食べていました。
これは、男子に限らず、女子にも当てはまります。

10代の子供をお持ちのお母さん方は、食事のバランスや、味付け、量など悩まれることもたくさんあると思います。
こんな私でよければ、いつでもお話しをお聞かせください。
自分の体験の中でしか話せませんが、何かお力になれたらと思います。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

          
レーベル:キングレコード
「未来少年コナン」完全版BGM集」
TVサントラ (アーティスト, 演奏), ヤマジユウコ (アーティスト)
私の大好きなアニメ作品です。
聞いてみると民放作品や映画などの音楽に比べて、静かです、地味です。
楽曲は場面が想起できる良い作品だと思いますが、そのような対比をしても面白いかと。

Posted at 2007年06月16日 08時22分51秒  /  コメント( 0 )