西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2007-06-06 の記事

幸せな男の、幸せな悩み

昨日(5日)はいささか疲れました(笑)。

5時15分起床。
二日酔いです。
頭の中で、朝稽古に参加しなくてよい理由を探しますが、何も浮かびません。
しかし、どうしようもない程ではありません。
これも、飲み過ぎはしたが、その後は一軒も寄らずに真っ直ぐ帰宅したからだと、勝利感も味わう(爆)。

稽古に参加するも、戦力60%ダウンといったところです。
汗もにじみ出てくるような感じ。
しかし、ありがたいもので稽古終了後には何となくスッキリする!

この日は10時から、チラシデザインの打ち合わせがあり、かなりキツキツのスケジュールです。

・稽古から帰るのは9時過ぎの予定
・その後、小一時間で入浴と食事が出来るのか?
・打ち合わせようのデータをCDに焼く
・一部をプリントアウトする
・日記関連もあるし、、、orz
 ↑
稽古終了後、帰宅途中の車内で上記の予定を最もスマートにこなせる順番を考える。
昨晩はあまり食事を摂らなかったので、空腹感も強い。
できれば、食事を優先したい。
しかし、汗をかいたまま人に合うのも気が引ける。
資料は必ず作成しなければならない。
葛藤です(笑)。

車を駐車場に入れて、家に向かい歩くと閃くものが!
浴槽に入らず、シャワーだけにすれば、食事も摂れる。

もう少し歩くと、更に閃く!
まてよ、どう転んでも10時半には食事が出来る。
と言うことは、二日酔いで重い胃も更に楽になっているはずだ。
でも、やっぱり腹が減ってるし…。
そうだ、こういうときは胃を刺激するスパイスの利いたもの。
カレーがいい!!
レトルトを暖めよう!!!

決定、入浴とPC作業、打ち合わせ後に食事。
胃の調子もよくなるから、美味しくご飯も食べられると、ルンルンで歩いていると、ふと我に返る。

この厳しいご時世に、何を不抜けたことを真剣に考えているのか。
情けないのと、自分のお気楽さに感心するのと、複雑な気持ちで家に着きました。

駐車場から自宅までの、2分ほどの出来事でした。
(^_^)v

幸せな私の思考回路に感謝して、一日を過ごしました。
さすがに、身体は一日重かったです(汗)、



今日のテーマ
  「基本は直球勝負です 1」

施療院では、お体の歪みを矯正するだけではなく、なぜ歪んだのかも考えていきます。
ある程度、原因や遠因が特定できれば、それに対応できる、注意や運動がお話しできるからです。
やはり、整体だけではなく、日頃のケアも重要になると思います。
そんな感じの施療スタイルですが、たまにこんな事もございます。

お客様と、現在のお身体の状況、日常の過ごし方などお話しして、施療を開始いたしました。
身体を診ると、左向きに歪んでいます。

「左側を向きながらの作業ではないですか?」
「(実際にポーズをして)こんな感じに歪んでいます」

尋ねてみると、どうしても注視しなければならないものが、左側にあるそうです。
その作業自体は避けられないものなので、歪みの原因として大きいのではないかとお伝えして、歪みの矯正と施療を続けました。

その他、いくつかの質問に対して、姿勢や運動、筋肉の働きなどを解説しながら答えました。
随分感心していただいて、
「整体師、恐るべし」
と、感想をいただく。(^^)/

上記のケース以外でも、施療をしていると、

・このような歪み方をしています
・それは、このような作業姿勢ではないですか?
あるいは、
・○○は左(右)側に置いてありませんか?
などと、お話しすることが多々あります。

「すごいね〜、よく分かるね。その通りだよ!」
と感心されることも少なくありません。

私はそういったときに、必要以上に自分を膨らませて見せたりはしません。
論理的に帰結の着くことであり、考え方の道筋などをお話しするようにしています。
そういった推論の過程を伝えることにより、お客様ご自身が、日常生活と姿勢、健康などについて考えるヒントやきっかけになればよいなと思うからです。

では、どんなことを? 
自分の“立ち位置”も含めて、この話はもう少し続きます。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

          
双葉社 「2001+5~星野之宣スペース・ファンタジア作品集」 星野之宣(著)
ほとんどの方が持つであろう感想、「カーク9000が幸せになれてよかった」に私も同じ思いです。「2001夜物語」に感動を受けた方ならば、是非とも読まれることをお勧めします。

Posted at 2007年06月06日 10時33分18秒  /  コメント( 0 )