西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2007-06-04 の記事

首の皮一枚で助かりま...

昨日(3日)は少しだけの差を感じました。

土曜の夜は妹ファミリー、母親、私で食事に行きました。
帰り際にマイミク様と遭遇。
アッサリと居残りを決定して、義弟も含めて盛り上がりました。
更に、千葉から数年ぶりのゲストも登場。
大盛り上がり!

怖くて時計を見ることが出来ず、義弟と帰宅。

翌朝はきつかった。
入浴→食事(気持ち悪いのですが、なぜか食欲はあるww)→日記。
歯を食いしばって(笑)、ルーティンを行う。
10時には、早速のご予約(出張)の依頼があり、テンションが一気に上がる。
お腹の落ち着き具合を見て、再度入浴。
しっかりと汗をかいて、さっぱりとする。

チャリで家を出て12時にお客様宅に到着。
ガッチリ施療。
うつ伏せ、横向きにはなれず、仰向けだけの状況ですが、その中で頑張らせていただきました。
不定期ですが、数年にわたり調子が悪くなると声をかけていただいています。
ありがとうございます。また、いつでも声をかけてください。

帰宅すると、義弟はまだ立ち直れていません。
昨晩は翌日のことを考えて、自ら帰宅いたしました。
とことん私のペースに付き合ってくれた義弟と、
「もうだめだから、もう帰る」
とマイペースで、微妙に余裕を残せた私との差だったのでしょう。
太チャン、お付き合いありがとう。
また飲みましょう。
「山桃」の仲間も待ってますよ!
(マイミクさんの釣果の、イサキとアジの刺身はバカウマでした。m(_ _)m)

更に夕方以降もエマージェンシーなご予約をいただき、緊張しましたが、「おかげさまで、スッキリしました」と施療後に話していただき、一安心。
夕食は妹ファミリーとピザ。
お酒は一滴も飲みません(笑)。
食休み後に、帰宅準備をする“少し生き返った”義弟の背中に、ゴメンナサイオーラを送る。

妹ファミリーを送り出し、22時に一日の営業を感謝と共に終了。
22時15分消灯。瞬間入眠。
やっぱり、私も相当に疲れておりました(爆)。



今日のテーマ
  「人はなぜ体調を崩すのか 7」

I堝盂旭(ふないがいいん) … 飲食、疲労、外傷などの内因でも外因でもないもの
昨日の続きです。

虫積
寄生虫によって起こされる体調の異常です。
                                        
中毒
有害物質を摂取したときに起きます。飲食物中毒と薬物中毒に分けて考えられています。

・飲食物中毒
毒キノコやふぐ、強い酒などは、中毒を起こさせるものを含んでいます。
しかし、良く知られているために中毒は比較的少ないとされています。
最も危険なのは腐敗した肉類を摂取したために起こる中毒だと考えられています。

・薬物中毒
薬の誤飲や服毒のために起こるとされています。

※ここでの『中毒』は東洋医学の言葉であり、現在の考え方や比較統計ではありません。

素質(遺伝)
体格、体質、性格など、父母から受け継いだものをいいます。
両親の『精』の合体が妊娠と考えられています。
合体した『精』の強さはそのまま胎児の生命力の強さになります。    
 ↓
生まれ持った生命力を『先天の気』と表現しています。
『先天の気』が弱いと、母親からの栄養を十分に活用できないとされています。
*誕生後、自ら養い育てていく生命力を『後天の気』と呼んでいます。

>『先天の気』、『後天の気』
父母から受け継いだ遺伝的なもので全てが決定されるのではなく、生活の中で“養生”していくことの大事さを考えています。

東洋医学は人間の生理を観察して、出来上がってきたと考えられています。
遙か昔に成立したものですが、神秘的なものに頼らず、合理的に説明しようとしている面もたくさん持っています。

使用している言葉が“古くさい”ので、神秘的なイメージがついて回りますが、決してそれだけのものではないと思います。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

          
人文書院 「高等魔術の教理と祭儀 (祭儀篇)」エリファス・レヴィ (著), 生田 耕作 (訳)
教理変が出版されてから10年後、堂々の刊行です。
書店で眼にした瞬間に、10年前の購入を思い出し、即ゲットしたのは本読みの業でしょうか(笑)。

Posted at 2007年06月04日 08時03分53秒  /  コメント( 0 )