西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2007-06-03 の記事

少年とデンゲキ

昨日(2日)はお断りしてしまいました。

夕方、お客様からご予約をいただく。
ほとんどの場合は、重ならないのですが、この日は運悪くかぶってしまいました。
「すいません。今日はイッパイです」
と、断腸の思いで返事をいたしました。
申し訳ありません。
また、お電話ください。お待ちしております。

先日の稽古の帰り、小6男子のバックに文庫本が置いてあります。カバーが掛かっているので、中が分かりません。
「よー、何読んでんの?」

少年は照れ笑いしながら、教えてくれません。
重ねて聞くと、
「説明するのがめんどくさい」
と言われました。

大人をなめんなよ、と思いながら当たりをつけて、
「デンゲキかい?」
彼は驚いた顔をしていました。
「ソノラマかファンタジアは見ないのかい?」
更に質問すると、デンゲキしか読まないと返事が返ってきました。


デンゲキ、ソノラマ、ファンタジア、何だか分からない方はおいてけぼりな今日の日記でした(笑)。
Ψ(`∀´)Ψウケケケ



今日のテーマ
  「人はなぜ体調を崩すのか 6」

I堝盂旭(ふないがいいん) … 飲食、疲労、外傷などの内因でも外因でもないもの

体調を崩す要因を人間の精神活動に求める(内因)
   〃     気候との関係に求める  (外因)

以上の範囲内に入らないものを不内外因として、  
                     
飲食、疲労、房事、創傷、虫獣傷害、虫積、中毒、素質(遺伝)など

が、考えられています。

疲労
過労をいさめていますが、安楽をむさぼりすぎるのも良くないと考えられています。

房事
房事(セックス)が過ぎると肉体的な疲労だけでなく、生命力まで消耗すると考えられています。

創傷
刃もの、こん棒、銃弾などによる外傷のことです。
切り傷だけでなく骨折や筋肉の損傷も含みます。
化膿などは傷口から『邪』が侵入した結果だと考えられています。

虫獣傷害
虫や動物による外傷のことです(毒蛇や狂犬も含みます)。

>過労をいさめていますが、安楽をむさぼりすぎるのも良くないと
疲労の説明ですが、過労のみを取り上げないのが、東洋医学的な独特の感覚だと思います。
物事の中庸(中間)を考え、現在の精神的なストレスなども包括されている内容が興味深いところです。

後半は次回以降にアップさせていただきます。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2007年06月03日 11時21分17秒  /  コメント( 0 )