西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2007-06-02 の記事

ケロロ、しずくちゃん祭り

昨日(1日)は妹家族が来ました。
(義弟は土曜日に合流予定)

起床→ルーティン→最初のお客様は10時半からのご予約→あっという間に15時。
皆様、ありがとうございました。
自室に戻り、PC事務。
その後、小一時間仮眠。

夕方は妹、甥、姪が乱入。
仏壇へ手を合わせたら、テレビの前に集合。

HDDに録り溜めしておいたケロロ軍曹としずくちゃんをひたすら見ていきます。
微動だにせず、食い入るように見ています。
意外に簡単なギャグで大笑いして、楽しんでいます。
私のことなど相手にしてくれません。
(T_T)
脚本は大人が書いていますが、幅広い年齢層に受け入れさせるのはさすがプロだと感心。

空手道場に行くので、一緒に行くかと問えば、

「ケロロ、しずくちゃん祭りを楽しみにして来ました!」

そうです(笑)。

提案は瞬殺されて、一人で道場へ。
ガッチリ稽古&指導。
大会直前の最終調整。
頑張ってきてください。
良い結果を聞きたいです!!

夕食は生湯葉と、揚げ物。
お酒を一滴も飲まずに即寝しました。
なぜなら、明日は妹家族と母親と私で、「山桃」で夕食会だからでぇぇぇす!!

鶏の唐揚げ、お刺身、天ぷら、焼きうどんなど既に発注済み。
お刺身、天ぷらは特に材料の指定はせず、おまかせです。
美味しいお店なので、どのような料理が出るか期待は膨らんでおります!!!



今日のテーマ
  「人はなぜ体調を崩すのか 5」

外因(がいいん) … 主として人体の外にある要因
(昨日からの続きです)

四季に応じた自然との調和

(気を生み、育ててゆくことを考える)
・多少遅く寝てもよいが、朝は早めに起きて散歩などをおこない、春の伸びやかな空気を体内に取り入れる。
・髪型・服装などは形をゆるめ、全体をゆったりと自由にする。
・やる気を起こし、のびのびと成長させる。抑えつけてはならない。
・成長に役立つものは全て取り入れる。制限してはならない。

(育てた気が盛りになり、取り込むだけでなく出し入れを考える)
・多少遅く寝てもよいが朝は早く起きる。暑さと日の長さを恨まないように。
・ 常に愉快な気持ちでいることを心がける。怒りの気持ちを持たないように注意する。
・花が開き美しさを誇るように、自分の気も積極的に放散する。

(気は結実し成熟する。形も決まり安定するが、冬への変化が始まるのを忘れない)
・早寝早起きを心がける。
・後悔や反省の気持ちを持ちすぎず、心を平静に保ち痛めないようにする。
・気を引き締める。夏の放散をやめ、冬に向かって『清らかで平静な』気を
 ためる。

(心を閉じて気を潜伏させる。余分な消耗を防ぎ春への貯えとする)
・早く寝て遅く起きる。冬の寒気から身を守ることにつとめる。
・気は包み隠す。秘密を守っているようにそっとしておく。
・肌が開いて体内の気が逃げないように、汗をかくのをひかえる。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
癘気(れいき)
六淫以外の体調を崩す要因です。
東洋医学では、はやり病の原因であり口鼻より伝染すると考えています。
六淫よりも多くの人が影響されるとしています。コレラ、マラリア、ジフテリア等々の原因であり、おおむね今の言葉でいう『伝染病』のことです。

   「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

六淫を一つずつ解説するのではなく、四季に応じた自然との調和法にスポットを当てて見ました。
四季が持つ特徴、ご自身がおかれている環境を、考えるだけではなく、それらの落差などにも注意をしたい。

これからの季節であれば、暑い屋外での作業だけではなく、

“暑い中での寒さ”

すなわち、冷房のかけ過ぎや、冷たいものの取り過ぎなどにも気をつけたいと思います。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

          
ベースボール・マガジン社 「ジュニアアスリートの食事と栄養」
スポーツダイエティシャンズネットワーク (著), コーチング・クリニック (著)
スポーツに熱中しているお子様をお持ちの方だけではなく、お子様の食事作りをされている方は必見です。子供にはどのような食事が求められているのか、分かりやすく書かれています。
実際には料理をしなくても、お子様と接する機会のあるスポーツ指導者は一読をお勧めします。
図版や表も豊富で良い資料になると思います。

Posted at 2007年06月02日 06時30分14秒  /  コメント( 0 )