西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2007-05-27 の記事

ラッキーな日

昨日(26日)はお出かけしました。

朝稽古(7時〜)に参加。
師範と打ち合わせ。
日本武道館へ。
全日本合気道演武大会出場。
少し見学してから帰宅(16時半)。

まさに玄関に入った瞬間に、ご予約の電話をいただきました。
シャワーを浴びて出張施療。
その間に月曜日のご予約の電話もいただく。

小心な私では、怖くて事前に計画できない、全く隙のないスケジュールとなりました。
ありがとうございます。

満足感を感じながら、缶ビール(350ml×2)、チーズ、オムレツ、乾き物少々。
疲れていたので、それ以上は飲まず爆睡。

外部ブログのアクセス解析が少しずつ意味が分かるようになりました。
外部検索キーワードには、
“品川区 整体”
“大井町 肩こり”
“筋トレ”
などのごく普通のキーワードが並んでいる中で、


  「ぱらいそさいくだ」
  「稲生物の怪録」


が混じっていました。

誰がどのような意図を持って検索したのか、猛烈に気にかかります。
もっとも、そんな単語が入っている日記も如何なものかなのでしょうけれど(笑)。
⌒(o^▽^o)ノ゚テヘッ



今日にテーマ
  「人はなぜ体調を崩すのか」

蒸し暑い日が続きます。
少し動くと汗を掻き、じっとしていると肌寒い。
なんだか、体力の消耗も激しく、集中力も続きません。
暑さに慣れるまでの辛抱でしょうか。

こんな時期だからこそ、体調を崩す理由【『健康』 ⇔ 『異常』】を、東洋医学の考え方として捉えてみたいと思います。



東洋医学では『気血の流れ』や『経絡』などの調和がうまくとれた状態を『健康』だと考えています。
そのバランスが崩れて、調和がうまくとれた状態に戻れないときを『異常』としています。


〜調和を崩す要因を3つに分けて考えています。(三因さんいん)〜

‘皸(ないいん) …  主として人体の中にある要因

外因(がいいん) …       〃   外にある要因

I堝盂旭(ふないがいいん) … 飲食、疲労、外傷などの内因でも外因でもないもの

次回より、三因(さんいん)一つずつを説明していきたいと思います。
あまり専門的にならずに、生活や健康を考えるときに役立てば幸いです。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

          
出版社: 法研 (1996/07)  中医学版 家庭の医学 (単行本(ソフトカバー))
森 雄材 (著)
分かりやすく、読みやすくまとまっています。漢方薬などに興味のある方以外にも、東洋医学(中医学)の入門書としてお勧めいたします。
専門書というよりは入門書。そのため、専門知識を求めている方には少し寂しいとも思います。

Posted at 2007年05月27日 07時27分03秒  /  コメント( 0 )