西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2007-05-18 の記事

最高の笑顔でニヤリ

水曜日(16日)もおかげさまでタイトに過ごせました。

しかし、さすがにバテ気味になる。
合間を見て、20分ほど仮眠。
バニラアイスも食べました(笑)。
スッキリしたところで、空手道場へ。
みんな頑張って稽古をしております。

稽古時間の後半には、久しぶりに会う大学生がやって来ました。
彼は小学校の頃からずうっと稽古をしています。
現在では、全国クラスの空手道部で頑張っています。

私:「久しぶりだね。何年生になった」
彼:「自分は四年生になりました」
私:「もうそんなになるのかい。どうだい神様の座は」
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
彼:「悪くありませんね〜 Ψ( ̄∀ ̄)Ψケケケ・・・ 」

v( ̄∇ ̄)ニヤリと笑った最高の笑顔を見せてもらいました。
堪能しろよと後ろ姿に声をかけた私です!



今日のテーマ
  「私がトホホな夏の冷え対策」

毎日が蒸し暑くなってきました。
少し動くと汗を掻きますが、じっとしていると肌寒く感じます。
男性も女性も、元気のある方は薄着になってくる季節です。
同時に、職場やデパートなど建物内のエアコンの、冷やしすぎが気になってくる季節でもあります。

以前に、冬場の冷え対策として、いくつかの要点を揚げさせていただきました。
基本的には夏でも変わりません。

1.足先を暖めるだけではなく、ふくらはぎも温めること
・ふくらはぎが冷えていると、体幹部から来た温かい血液が冷やされてしまい、足先に冷たい血液しか行かなくなる。

2.体幹部(胴体)を冷やさない
・お腹など体幹部が冷えると、末端(手足)の血管が収縮して、血流が阻害される。
つまり、温かい血液が流れ込みにくくなる。

3.衿もとなどを閉じて、“トンネル効果”による体温の放散を防ぐ
・胴体と服の間で、体温により暖まった空気は、襟もとから逃げてしまい、変わりに外の冷えた空気が入ってきます。

以上をまとめると、

襟もとを閉じて、ふくらはぎを露出せず、胴体を冷やさない!

になると思います。

しかし、街中を見れば、なま足、ヘソ出し、ローライズ、ノースリーブ…etc、全て当てはまりません(汗)。
オシャレは我慢だとは言うけれど、はたして体調を崩さないのか?
ファッション関係にうとい私は、どのような夏向きの“対策”があるのか、便利グッズやコーディネートの妙など分かりません。
逆に、参考にしたいのでこちらから情報の提供をお待ちしております。
・こんなグッヅがある
・こういう着方なら寒くないし、おかしくない
など、ご遠慮なくご教授ください。

知人の女性整体師ちろりや様も、夏の冷え対策には苦労しているようです。
ブログ「ちろりと癒されましょうか」 
タイトル:お腹は冷やしちゃいけないよ
http://tiroriya2006.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_ddcc.html


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2007年05月18日 12時07分02秒  /  コメント( 0 )