西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2007-05-14 の記事

母の日に贈り物

昨日(13日)は、またまた盛りだくさんでした。

がっちりといただいているご予約を張り切って行う。
チャリで20分の出張施療もガンガンです(意味不明w)。
無事に終了することが出来ました。
ありがとうございます。

そして都内某所へ。
3ヶ月に1回の勉強会(笑)の日です。
今回は親睦会のみに参加いたしました。
発表もしたい、大きなイベントは近づいてくる、空手も合気道も大会が迫ってくる、一人で気持ちだけ焦っています。
そんな心のオアシスとして、大いに親睦してきました。
約二時間、飲んで、食べて、話して。
それでも親睦が足りず、個人的にお誘いして、さらに親睦。
お付き合いありがとうございました。


ただし、0時前には帰宅しました!


写真はそこでピッチャーを注文したら出てきたビールです。
(^_^)v


母の日を記念して、赤いバックも購入しました。

丈夫、容量たっぷり、そしてロゴが輝いています。

秀真(ホツマ)文字(爆)。
http://applepig.idv.tw/kuon/furu/text/sindaimonji/hotumatutae/hotuma_monji01.htm




今日のテーマ
  
「落とし所を考える 2」

アップが遅くなりました。
申し訳ございません。
m(_ _)m

さて、理想的な姿勢などを考えるときに、ただ書かれていることを真似するだけでは違和感が残ってしまいます。
そこで、微妙に前後左右の位置などを調整して、しっくり来るところを探していくようになります。
ここで注意しなければイケナイのは、良いとされている姿勢でも、今までご自分が取っていた姿勢とは異なっていること。
しっくり来るところを探すと、以前の姿勢だったりします。

最初は自分の内部感覚に頼るのではなく、第三者の視点や、鏡やガラスなどに映ったご自分の姿を、外側から客観視して見るのがよいと思います。

スポーツでもフォームを覚えるのには時間がかかります。
頭の中では、腕の位置や下肢のスタンスなど、分かっていてもそれを、フリーな動きの中で実践できるかと言えば、中々難しい。
そのために外部から助言をする、コーチやトレーナーが存在するわけです。
日常生活の中の姿勢も同じだと私は思います。

極端に書けば、(最初のうちは)正しい姿勢とは自分にとって、不自然な姿勢にほかならないのです。
その不自然な姿勢になれていくことが、姿勢の矯正になると思います。


施療院に来られた方にお話しさせていただくのは、
・あせらないこと
・根気よく、鏡に映った自分の姿をチェックすること
・例えば、十年かかってついたクセならば、十年かかって矯正するぐらいの気持ちを持つこと

整体はきっかけに過ぎません。
仮に、一週間に一度、1時間の施療を行ったとしても、残りの167時間が大事なのです。
1.ご自分の内部感覚でしっくり来るバランスを探す
2.外から眺めて、それが正しいか確認する
この1と2の地味な努力の積み重ねに尽きると思います。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

          
レーベル: テイチクエンタテインメント 「アニメ・トラック・アンソロジー」小林亜星
オープニングだけではなく、エンディングも入っているのが嬉しい。
“パンチ・タッチ・ブンの歌(ハッスルパンチ)”の「水爆頭突き」に時代を感じる。
個人的には“親指トム”を聞くだけでも借りてきた甲斐がありました!
他にもテレビサントラ、CMソングなどのシリーズがあります。

Posted at 2007年05月14日 08時14分41秒  /  コメント( 0 )