西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2007-05-11 の記事

図書館バブル始まる

水曜日(9日)はタイトに過ごせました。

11時からお客様なので、10時半には施療院へ。
“今日も頑張ったぜー”と時計を見れば19時を過ぎていました(笑)。

昼間のお客様がお帰りになった後、施療記録をつける。
その後、紙シーツ・フェイスシーツ(紙)の切り出し、アロマオイルの調合。
母親から頼まれた、近所のスーパーへの買いだし。
そして、図書館にCDの返却へ。
地元の小さな図書館なので、借りたいクラシックや民族音楽のCDは、ほとんど借りたはずだったのですが…。
CDラックをしみじみ見ていると、微妙に趣味がかぶるCDがある。
買えと言われれば、特に必要としないのですが借りられるとあれば話は別です(笑)。

返却後に、新たに借りたCDは、
・無伴奏チェロ組曲全集(アンジェイ・バウアー)
今度は違う奏者のアルバムです。
若い明るさや、軽さがありました。

・モーツァルト
「フルートのための協奏曲、フルートとハープのための協奏曲」
・キャロル「ザ★ベスト」
・のこいのこ「のこいのこ大全」
・小林亜星「アニメ・トラック・アンソロジー」
・水木一郎「アニキ自身」

まだ、チャリ10分圏内に図書館は2つ。もう少し足を伸ばせば、2つ。
当分図書館通いは続きそうです。

帰宅して、コーラを一杯。
ホッとしていると、またまたご予約のお電話。

充実した一日でした。
ありがとうございます。

夕食はチキンのトマト煮込みでビールを飲む。
良く煮えていたので、鍋に残ったおツユはリゾットで食べようと母親と作戦会議。
翌日のことを考えて、ビール350ml×2で終了。
即寝。



今日のテーマ
  「落とし所を考える 1」

“こういった姿勢が正しい”といった情報は、世間に氾濫しています。
では、どうしたら正しい姿勢が出来るのか?
沢山の写真や図解、経験者の声など資料は山のようにあるのですが…。

記載されていることを真似して、見た目が正しい姿勢になると、はたして身体は楽になるのか?
ほとんどの方は違和感を感じていると思います。
歪みのひどい方は、痛みも感じるかもしれません。

何も意識しないでいられる、(その方にとっての)普通の姿勢であれば、余分なところに力が入らず、うまくバランスがとれています。
(歪みが引き起こす痛みや、不都合は別にしてですが)

その状態から、肩の位置は…、胸の張り方は…、歩きかたは…、などと矯正していけば、ドンドン余分な力が入ります。
意識しないでいられる姿勢から、色々なところに力をいれて、正しいとされている姿勢にしなければならないからです。

例えば、胸の前で腕を組んでください。

どちらの腕が前に出ていますか?
その腕を反対にして組んでみましょう。
いかがでしょうか。
どうしようもない、落ち着きの無さや、違和感。
腕組みを継続させるため、力が入っていませんか?

もう一度、慣れた方に組み替えてみましょう。
腕の重みで、自然と組んだ状態が維持される、余分な力が抜けている状態ではありませんか。

身体全体の姿勢も、このように自然と維持される全体のバランスがあり、そのため余分な力が入らないのです。

腰の位置や、背骨の角度、肩の位置、歩き方etc、個々の状態も大事ですが、全体をまとめた(統合した)身体感覚も大事だと思います。

いわゆる、体重の落とし所、バランスの落とし所などと言われている感覚です。

続きは次回にアップさせていただきます

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

          
レーベル:ユニバーサル・シグマ キャロル「ザ★ベスト」
かっこいい、の一言です。
やはり、中学生ぐらいに聞いて欲しい。エネルギーの塊を感じられると思います。
最近ではみられない、力だと思う。
(すでにオヤジ化しているから、そう思うだけなのかww)

Posted at 2007年05月11日 12時18分05秒  /  コメント( 0 )