西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2007-05-02 の記事

誘惑に勝つ(爆)!

昨日(1日)は車を取りに行きました。

車検が終わったと修理屋さんから連絡があり、夕方の子供クラスの指導が終わった後、取りに行きました。
点検だけではなく、夜目にも白く輝いている車を前にして、

「てめえ、少しは車を洗っておけよ! まったくもー、しょうがねーよな。三人がかりで必死に洗ったんだ!!」

と、説教をいただきました(笑)。
すいません。ご苦労をおかけいたしました。

車を受け取り、自宅に電話。
「何にも用意してないから、外で食べてこい」
とつれない返事。

では、一度帰宅して車をおいて、あそこに行こうか、ここの店は久しぶりだと、すっかり乾杯気分です。

しかし、このところ飲み過ぎだから、自重しようと正論が台頭。
途中で車を止めて、ネギラーメンセットを食べました。
ラーメン大盛りにして¥1,050。
帰宅しても、飲みませんでした。
読書して、即寝。


(≧∪≦)ノ++++++++++++++++++++++++++++++++
ここで、声を大にして主張したい(爆)。

私が毎日膨大に飲んでいるような誤解を持たれる方も多いようですが、大きな誤解ですよ〜。
飲み会などみんなで盛り上がると、楽しくて、嬉しくて、沢山飲んじゃうだけです。
普段は温和しいものです。
一人飲みは寂しくて、あまり飲めません。
飲まない日もあるんです!
信じてくださいネ(笑)。
(^_^)v



今日のテーマ
  「行動範囲を考察」

東京は朝からあいにくの雨ですが、明日からの連休は、何処かへお出かけになるご予定を組んでいらっしゃる方も多いと思います。

毎年この時期から秋ぐらいまで、足首や足の裏に痛みを持つお客様がお見えになります。
お話を伺っていると、この時期であれば河原でバーベキュー、潮干狩りなど、足下の不安定なアウトドアのレクリエーションを過ごされた方が多いようです。

足下が不安定だと、
・地面をしっかりつかむように足の裏にも力が入る
・足がふらつかないように足首に通常以上の力が入る
・そのため、下肢の筋肉がいつでも力が入った状態になっている


例えば、平らな道を走る自転車は、ハンドルを持つ手にほとんど力が入りませんが、ガタガタ道だと、ハンドルを取られないように、しっかりと握って腕がパンパンになってしまうようなものです。

大人は疲れ切ってしまっても我慢できますが、小さなお子様はそうもいきません。
いわゆる、行きははしゃいで、メイン行事ではしゃいで、帰りはグッタリといったところです。
都市のアミューズメントなら、まだ良いのですが、アウトドアだと道も悪いし、大人も辛い、荷物も多い。。。

小さなお子様がいらっしゃるアウトドアの場合は、余裕を考えた早めの出発、少し物足りないくらいの移動距離と行動計画、早めの帰宅、などを前提に企画されるのが、良いと思います。

当たり前のような話ですが、大人だけのグループと、子供が含まれているグループでは、かなり行動計画に差が着くと思います。
スポーツでも、
「子供は、小さな大人ではない」
というのが大前提にあり、練習計画を立てていきます。



施療をしていると、疲れ切った反省のお話しと、お土産話が出るのですが、

「子供のはしゃぐ顔は、見ていると嬉しくなるので、つい目一杯遊んでしまう、遊ばせてしまいます」

と優しい言葉でまとまります。
後は、おとーさんに抱っこしてもらいましょう。
お疲れはガッチリフォローいたしますが、無理はなさらないでくださいね。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

          
集英社 「妖怪ハンター (水の巻)」 (文庫/コミック) 諸星 大二郎 (著)
稗田礼二郎の出番が少ないのは寂しいですが、相変わらずの面白さです。
他の二冊と比べて、よりホラー度が強いと思います。
「七福神」の取扱など諸星ワールド全開です。

Posted at 2007年05月02日 07時15分56秒  /  コメント( 0 )