西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。
2006-11-01 の記事

マルキューで昼食でした。

昨日(31日)は渋谷で買い物です。

ハンズで

・額縁:お土産にいただいた“山海経”コースター用
・勾玉:チャイニーズターコイスとトルマリンの2種類購入(母親用)。
・染色紐(インディゴ):店頭用チラシを筒状にして留めるため。ちろりや様のご発案。
・アロマランプ、石膏ボード用フックは洒落たのがなく、今回は見合わせました。
その後は、マイミクだい様のご推薦、マルキュー8階「太陽楼」の中華バイキング。
http://888j.net/taiyourou/shibuya/index.html
一番の難所は1階でオネーサマ方とエレベーター待ちをしているときでした(笑)。
8階から降りるときはエスカレーターを使用。
ビル全体に“ギャル”の密度高し。まるで、アキバや中野、トンデモ本大賞の会場のように、特定のバイアスを持つ人が集まっているのは面白かった。
所狭しと飾られているマネキンは、大井町マルイのマネキンよりも2回りぐらい細い。
肩の薄さと腰の細さは…、まずは見かけない体型だと思います。
色々な価値観を見ることが出来た有意義な半日でした。



今日のテーマ
   「気をつけてください」

世の中には健康への不安感を利用する悪徳商法が沢山あります。

昨日のニュース番組では「ドロドロ血液→サラサラ血液」を一瞬で変化させる手品のような手口が紹介されていました。
1.医療行為に関する法律があるため、消毒・採血(微量)は本人にやってもらう。
2.ガラス板に乗せて顕微鏡でチェック。モニターで本人も観察できる。
3.ブドウのように赤血球がくっつきあっている。
4.「ドロドロ血ですね〜」と話す。
5.売り込みたい高額健康商品を身につけさせる。
(説明に“波動”“波動値”“波動転写”などの単語が出たら、全てインチキと考えて良いと思います。期待できるのはプラシーボ効果だけでしょう)
6.数分後、再採血。
7.ガラス板に乗せる。
8.消毒用脱脂綿などを渡し、ほんのわずか注意をそらし、顕微鏡にセットするときに、何気なく血液を指で伸ばす。
9.顕微鏡で見ると、見事に赤血球同士が離れている状態に!
10.売り込み開始!!!
このときはブレスレットでしたが、水でもジュースでも波動でもなんでも応用可能です。

種明かしを聞くと、ガラス板に乗せた血液を薄くのばすことにより、重なり合った層の赤血球が広がるだけであり、セールストークにあるような効能によってではありませんでした。

健康関連、各種療法の世界は、まだまだ玉石混淆となっています。
アヤシイと感じたら、まずは距離を取って周囲の方に相談、してみるのが良いと思います。

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2006年11月01日 11時55分52秒  /  コメント( 2 )