西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。

お知らせ

皆様こんにちは
整体院 湧泉(ゆうせん)です。

大変申し訳ございませんが

明日(10日)の施療は、13時より開始いたします

・8時半より免許更新のため

ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

そのため、
・通常のブログ記事更新は休ませていただきます。
記事へのメッセージなどもいただいて、更新を楽しみにされている方におきましても、よろしくお願いいたします。

なお、本日(9日)の営業は通常通りです。日記の更新もしております。

※湧泉(ゆうせん)へのメール、ご質問などのリンクは日記の最下部に置いてあります。


いつもの日記
  「『トンデモ超能力入門』一気読み」

昨日(8日)は久しぶりに読書で興奮(笑)。

昼過ぎに到着した“トンデモ超能力入門”(楽工社:共著・皆神龍太郎、石川幹人)。
時間の合間に読んでいると、これがみるみる引き込まれる。
帯に“「超能力研究の現在(いま)」が分かる1冊!”と書いてありましたが、看板に偽り無し。

超能力研究や、実験デザインについての考え方などを語り合っているのですが、最先端のスタイルを、過去からのいきさつ(超心理学の歴史)も含めて解説してくれます。
実験を行うときに、念力と透視を離するなど、そこまで考えているのか、といったことが沢山ありました。
グローバル規模で、乱数の変化を集めている実験も興味深かった。

ガンツフェルト実験の経緯など、普通の書籍では語られていない現在までの流れが、
“懐疑派側が「議論じゃ一部負けちゃったよね〜」みたいな恰好ですね”
といった十分に理解しやすい話し言葉で表記されているのが嬉しい。
こういった表記の仕方で、この内容まで踏み込んでくれている本は、あまり頭に浮かんできません。

読了して思ったことの一つには、

・超常現象に興味が出てくる、中高生にこそ読んで欲しい本です!

があります。
大きく言ってしまえば、実験とか、学問の枠組みなどはどうのように考えていくのかといった点で、岩波新書「物理学とは何だろうか(上・下:朝永振一郎 著)」と、並んで読んでも面白いかもしれません。

朝永博士の方は、考え方の道筋(学問の方法)が出来上がっている中で、現象を追求していく姿、『トンデモ超能力入門』では、未だ枠組みや方向性に明確なものが無く、現在も暗中模索の研究者の姿。

研究の最先端がある意味、袋小路に入っているような感じだとは知りませんでした。

対談の片方でもある、皆神先生の波動が影響したのでしょうか、石川博士が、対談の内容とはちょっとずれのある、他の心理学分野へのチクリチクリとした攻撃や、超心理学に対するグチみたいなのが読めたのが面白い。

しかし、データを出す研究者側と、懐疑派側で
「効果は微少(←これが重要)だが、何かあるかもしれない」
で、意見がまとまってきているのには驚かされました!

うつろ舟はダメだったけど、本家超能力はあったんだ!
・効果が小さすぎて、あるのかないのかさえ、まともに検知できないほど弱い
と、言われようと、全否定ではないところに興奮がありました。
(*^_^*)」

どうも、既存の自然科学の大系に組み込むのは難しいようなので、何か新しい体系を生み出してくれる大天才の登場を待つだけなのか。
それは、自然科学ではなく、宗教や哲学の言葉で語られるそうな気もします(笑)。
シマックの「都市」のように、全く違う思考体系を用意しないといけないような感じもします。

最後に、あとがきで石川博士が、超心理学を研究したい人は最初に他の分野での自立した専門家を目指すべき、と書かれているところにリアリティを感じさせました。


おまけ:
以前、著者の一人である皆神先生が、理数系のしっかりした本を紹介するときに、
「数式をなるべく使わない、分かりやすい書き方をしている本が良書と言われますが、やっぱりこの本のようにしっかりと数式が使われて書かれている本を読んで欲しい」
と、いったようなことを書かれていたと思います。
耳が痛い話しで、まさしくその通りだと思いますが、“その分野は興味あるんだけれど”学問的な向上心のない私などにとっては、識者の書かれた分かりやすい表現の本を口を開けて待っているわけです。

これからもご期待申し上げております。
m(_ _)m
     


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/

PCメールはこのブログ内の下記ページから送信できます
http://cplus.if-n.biz/5000286/party/1568?sid=c9564f745b76e9c4d5801704a590f979

携帯メールはこのブログ内の下記ページから送信できます。
http://cplus.if-n.biz/m/blog.php?post_cmd=article&post_blogdir=5000286&post_eid=1709

ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 健康ブログ 整体へにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

「全日本空手道連盟 和道会 空手道 俊和義塾」

高津、下野毛、川崎、世田谷近辺の方が稽古しております。
http://cplus.if-n.biz/5000286/article/0137137.html

・空手道場のページ、携帯の方はこちらから
http://cplus.if-n.biz/m/5000286/article/0137137.html

Posted at 2010年02月09日 12時06分16秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*