西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。

二万枚終了!

水曜日(26日)は色々と。

起床4時半。
すぐに、日記など電脳関係更新。
食事、一休み、入浴。

10時半、不動産関係で折衝。
11時半、店頭用の照明灯のランプを買いに大井町LABIへ。
12時半、母親への施療。
13時半、お菓子を少しつまんだ後、仮眠。
14時半、チラシ撒き(500枚)

一時間半ぐらいで巻き終わる。
今年はこれで打ち止め(予定)。
本年は二万枚を撒かせていただきました。

年明け、4月、9月などの移動の時期を狙って撒いていきたいです。
新しいデザインの完成を急ぎたい。

その後は、店番とお客様との電話応対。
あっという間に20時。

何となく身体が冷えたので、入浴。
自宅仕事の良いところです。
(^^)/

夕食はクリームシチューと、ブロッコリー、アジの開き(小・二枚)、薩摩揚げ少し。
アジの開きは、食べ終わった後にチンして骨センベイに。
全部食べます!

焼酎と、久しぶりのウイスキー(シーバスリーガル12年)。
ちょっと飲み過ぎ(笑)。

九州のマイミク様からいただいた、焼酎(ミニボトル)の詰め合わせは全ていただきました。
どれも美味しかったです。
ご馳走様でした!
m(_ _)m

23時半、消灯、即寝。



今日のテーマ
  「理系・文系の“有る無し”」

更に話題が大きくなって、あやふやになってしまいますが…。

この数日間で、「気持ちの問題」とタイトルし、あれやこれやと書きつづってきました。
関連することになるのですが、この数年で知った(お恥ずかしいのですが…)概念があります。

理系的な真贋と、文系的な真贋は違う(らしい)ことです。

この数年のマイブームで、「妖怪の民俗学的な考察」に関連した著作を読んでいます。
以前から、妖怪にこだわらず、怪異、自然現象、科学とその外側(グレーゾン)などに興味があり(笑)、「気持ちの問題」なども、その中から出てきた話になります。

例えば、妖怪はいるのかい? と訪ねられれば、

「そんなのはいるわけないでしょう。何かの錯覚、単なる言い伝えだよ」

と答えていたのですが、、、。

生物(UMA)として、居る・居ないだけではなく、

・自然現象や不可思議な現象があったとき

それに対して、

・この現象に名前を付けて、“その現象を引き起こす”存在として認識する


これが、「民俗学的に考える妖怪の存在」になるらしい。
(ああ、勉強不足)

確かに、このように考えれば不思議な現象に対して、「あれは△△の仕業だよ」と答えられます。
(もう少し、突っ込むと循環論法になってしまうような気が…、これも勉強不足 (^_^;))

明らかに、理系とは考え方のスタンスが違い、それを考慮に入れないで、居るの居ないのと議論しても、噛み合わないと思います。

私がよく引き合いに出す、怪しい健康情報や健康食品なども、確信犯的に意見を誘導しようとしている人は論外として、どのような考え方や立脚点があって、意見を主張しているのかを考えていくのも興味深いところです。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 健康ブログ 整体へにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

【整体師のお仕事♪】
資格取得、学校の様子や求人情報まで、整体師のホントが見えてくるブログリンク集

Posted at 2008年11月28日 05時01分05秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*