西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。

ああ、PC作業

昨日(20日)はHDDの録画データ整理に着手。

相変わらずの早朝PC(笑)。
ふと、ブログサイトの施療院への地図データの改良を思い立ち、すぐにチャレンジ。
今までの地図から、大井町駅が入っているもう少し大きな地図への変更を画策。

一色刷りようのデータをコツコツとグループ解除して、カラーにしたイラストと交換、根気のいる作業です。
その後、アップしてみると全然サイズが違う。
小さくアップされてしまう。
線もかすれているようで、満足できませ〜ん。
しかし、以前のデータと交換する気力もなく、取りあえずはこれでいくことに。

ここで朝食、一休みタイム。
その時にエマージェンシーのお電話。
急遽、施療院を開ける。
お疲れ様でした
取りあえずはスッキリされたとのこと。
一安心です。

その後、地図改良作業のアイデアが浮かび、再びPCへ。
無惨にもそのアイデアは、砕け散りました(笑)。
本当に改良を諦めて、日記製作へ。
ようやく更新作業が終了したのは16時でした。
一体何時間費やしたのか?
(;´Д`) うぅっ。。

仮眠。頭を使うと疲れます!

その後、お客様をお迎え。
最終のお客様がお帰りになったのは23時。
ありがとうございました。
ガッチリ仕事が出来ました!

夕食は、ビール500ml×2、焼酎割り1杯、もずく&とろろをどんぶり一杯(爆)、ミニメンチ2ヶ、ゴボウサラダ、マグロづけ少量。
0時過ぎに自室へ、PCチェック、26時消灯、爆睡。



今日のテーマ
  「バラエティなら許されるのか?」

昨日、フジテレビの「あっぱれ!!さんま新教授」を見ていると、「水からの伝言」が好意的に放送されていました。しかも、子供向けも本の宣伝も微妙に加えながら。

私の個人的な見解ですが、それは全くのヨタ話であり、健康被害や経済的な被害を与えているものです。
“あるある”問題では、各テレビ局で随分と科学的な実験方法とか放送倫理についてやかましく話していたと記憶していますが、ほんの数年でまた同じようなことを繰り返しています。

1.番組内では、「○○したら、□□だったものが△△になりました」と、諸条件の提示もなしに放映されていました。

2.もっとも、番組内では“科学的に正確な事実”といった表現はされていない。

3.と同時に、何枚ぐらいの写真を撮ったうちの一枚なのか?

4.氷がどのように成長して溶解していくのか? シャッターを押すタイミングを変えるどうなるのか?


といった情報も全く知らされません。


※あたかも、1.)が「科学的に証明されている=事実」のように印象づけられてしまうことに問題があると思うのです。

番組内では積極的な肯定もしていなければ、積極的な批判もしていなかったと思います。
態度の保留であり、そういったものの検証番組ではない、バラエティだからと言うエクスキューズなのか。

情けない話です。



“水からの伝言”、“江本勝”で検索すれば、批判的な意見が山のようにヒットします。
少しでも調べてみれば、首を傾げざるをえない主張であると思うのですが、なぜこの話題をチョイスしたのか、そこの処も聞いてみたいです。


ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 健康ブログ 整体へにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2008年04月21日 09時54分50秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*