西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。

K-1見ました(笑)

昨日(25日)は朝からスケジュールが詰まっていました。

起床、食事して休憩。
テレビでは昨晩のK-1を再生。
カラエフvsマヌーフは面白い試合だった。
マヌーフの“打ち下ろしの右”、直後に、“下から突き上げる”左フック(アッパーと言っても良いと思う)のコンビネーションが決まる。失神KO! 
それほど強烈なコンビネーション。
「はじめの一歩」に出てくる、ホワイトファングのようでした。
興奮!

“15歳”で売り出し中のHIROYA選手には才能を感じます。
どこぞの兄弟・親子のように、興行側に食い物にされず、真っ直ぐ育つことを願っています。

いらないシーンを飛ばしていると、ディスプレイに表示されるインジケーターの残り時間がドンドン減っていく。
最後のアーツvsサップはどれくらいの時間で終わるのだろう?

嫌な予感は的中。
サップの稽古不足の体!
持久力のかけらもなさそう。
アーツの秒殺だったが、本当は立てなかったのではなく、立たなかったのではと思ってしまう。
谷川さんどうした!

気持ちを切り替えて、10時には役所、銀行、郵便局行脚に出発。
雨のため、徒歩で行く。
昼過ぎに帰宅。
入浴、日記関係。
施療院に出る。

最後のお客様は、マイミク様でした。
積もり積もったお礼を兼ねて、西大井駅そばの焼鳥屋へ。
2時間ほど飲み食い。
何かとお世話になっております。
これからもよろしくお願いいたします。
m(_ _)m

真っ直ぐ帰宅。
消灯。



今日のテーマ
  「“テニス肘”ではなく、“マウス肘”です」

テニスには“テニス肘”と言われる障害が発生するときがあります。
手首にかかる負担が、ヒジやその周囲の筋肉や腱に炎症などを起こします。
怠さや、握ったとき、捻ったときに痛みを感じます。

日常手をよく使う方にも同様な症状が多く、PC作業、チェッカー、ピアニスト、主婦など多岐に渡るようです。
施療院にお見えになるお客様も、事務関係の方に同じような痛みの訴えが多いようです。
テニス肘と事務関係の方の状態を比べると、大きい負荷ではなく、小さい負荷が継続してかかっている状態です。
そして、角度は大きくありませんが確実に『手首が返って』いる状態。

 マウス肘 と呼びたくなります!

テニスのように一球、一球、強いインパクトが無くても、小さな負荷でも継続されれば、体に不都合が引き起こされます。

また、特に痛みはなくても、施療の時にリクエストいただければ、

三角筋(肩)⇔肘⇔手首⇔掌

などをじっくりと解していきます。


特に上腕部では“響く”場所が多く、イタキモの心地良さを味わってください。
腕が軽くなりますよ!


指先の冷える方にも喜ばれています。

よろしかったらお試しください。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2007年06月26日 13時49分21秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*