西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。

私は気がつかなかった!!

仮面ライダー電王の3週間ほど前のエピソードを覚えていますか?

キンタロスが初めて出てきた話です。
オープニングでいきなり、空手着でジョギングの役者さん。
形や基本の自主トレシーンです。

「え、石嶋じゃん!」

よく見ると、似ているような、似てないような…。
彼は栃木支部で稽古をしていて、師範の紹介で倉田プロモーションに入って頑張っています。
http://www.kurata-pro.com/

時間が空いたときに、空手道場の栃木支部長に電話をかけました。
「私は電王は見ていません。
すなむし先輩、“はねトび”は見ています? あれの回転寿司で、失敗したときに椅子を回すマッチョの片一方は石嶋ですよ。年賀状に書いてあったし、私も見ています」

∠( ゚д゚)/ 「え」!…

あんなに毎週見ているのに気がつきませんでした。
次回の回転すしのときに、しっかり確認してみます。
一生懸命やっている嬉しい話を聞いて、私も嬉しくなりました。

頑張れよー!!



今日のテーマ
  「力は「出す」だけではないと思います」

スポーツに親しむことにより、健全な心身の発達が促されると思います。
一般的には、「力が強くなった」、「丈夫になった」などに代表される意見や実感です。

健康を考えたときに、もう一つ実感して欲しいことがあります。

それは、「力を抜く」ことです。

運動をしていれば、フォームに余計な力が入っていたり、力んでしまい上手く動けなかったりなど、過剰な緊張を感じる場面が多々あると思います。
その都度、それはいけないことだからリラックスが必要だと、指導もされているでしょう。

・何気ない仕草や、仕事の姿勢に、過剰な力が入っている。
・本来必要のない場所に大きな力が入っている。

これらを感じることは、実生活でも大事なセンスになる
と思います。

運動をすることによって、

・ご自身の身体の何処に力が入っているか?
・それは必要な力なのか?
・そこに力が入ってしまうことにより、動きがギクシャクしていないか?

などが、分かりやすい(感じやすい)身体になっている
と思います。

余分な緊張は、コリやハリの原因や遠因となります。
身体を鍛えることで、丈夫になり強い力も付くと思いますが、力の抜き方なども分かると、楽な姿勢で日常を過ごせると思います。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2007年04月14日 11時22分16秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*