西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。

オレの破壊力、でした。

昨日(26日)は甥、姪と遊ぶ楽しい一日でした。

朝食が済んだら、ジャンケンを姪(4歳)に教えてもらいます。
グーは石だから、チョキのハサミでは切れない。パーはグーの石を包むなど、ひとしきり説明してもらいました。
ジャンケンポン! で実践です。
姪はグー、私はチョキ。
勝った☆ と喜んでいます。

彼女の勝利を祝福することは簡単です。
しかし、ここは心を鬼にして、大人の理不尽さを教えてあげなければイケマセン。

「このチョキはさー、根性入っているからさー、グーでも切れちゃうんだよ!!!」

チョキで姪のグーをまっぷたつに(中指と薬指の間を)挟んであげました。

驚いた顔をしていました(笑)。
ルール違反なのだが、上手く指摘できない。そのまだるっこしさを、より力強くグーを握ることで現してきました。
こじ開けてあげました(笑)。
こんどは両手でガッチリグリップしてきます。
お兄ちゃんも(7歳)その上から両手をかぶせて参戦してきました。

ハサミで挟む振りをして、親指の関節を●▲※▼×■してあげると、ひゃーと言って脱落。

私の勝利でした。
v(*'-^*)ゞ・'゚☆ブイ



今日のテーマ
  「ツボの押し方」

ご自分でツボを探して押してみようとしたときに、どこがツボなのか分かりづらいときがあります。以前アップした文章ですが、定期的にアップいたします。
ご参考になれば幸いです。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」



単純に押すことだけを考えるのではなく、『押す・圧の持続・圧の緩和』の3点を意識しておこないます。
また、指先が身体の中に入りこんで行くようにイメ−ジします。

1→4の順番で押圧します。
1)肌にふれた指に徐々に力を加えます。
2)不快な痛みを感じる手前で圧力を止めます。
3)ゆっくり5を数えるあいだ圧力を持続します。
4)押したときと同じくらいの時間で圧力を緩和していきます。 
  ・ただし、指を皮膚からは離しません。


※私の流儀では、3のときに指先を「くりくり」とまわしています。
より深くツボに刺激がつたわるようにイメ−ジしていきます。

※押すときに息を吐き、緩和するときに息を吸います。呼吸のリズムとうまく合わせて、ゆったりとした動きでも息苦しくならないように注意してください。

※注意していただきたいこと。

⒈傷口や手術跡の上及び、その周辺。
⒉腫れや熱を持っている場所及び、その周辺。
⒊触れると極端な痛みや、不快感を感じる場所及び、    
 その周辺。
⒋その他、常識の範囲内で判断してください。


ツボを押すことにより、『筋肉痛で**が痛い』といった具体的な状態から、『なんとなく食欲がない』という漠然とした悩みまで、ご家庭で気軽に対応出来ると思います。。
また、体調の悩みが無くてもツボを触ることは気持ちの良いことです。気持ちが良くなれば心身のリラックスを得ることができ、ストレスの軽減も期待できます。
特別な場合を除き(☞注意を読んでください)、安心して手軽にできる健康法だと考えます。

ご質問がございましたらお気軽にどうぞ。 (^^)/
ホームページはこちらです。
http://www.yusen.jp/index.html

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

          
ワンダバ!~ウルトラ防衛チーム テーマ・コレクション~
最高の一枚です。
私もよく知っているのはこの中の数曲なので、どうかなと思いましたが実際に聞いてみると、

買って良かった!

思い入れのない方は別ですが、少しでも“あのシリーズは好きだった”と思われる方にお勧めします。

Posted at 2007年03月27日 07時46分40秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*