西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。

そんなケガのしかたが有ったのか。

昨日(20日)は12時からのお客様の後に、カメ様と美人女性社員にご来院いただきました。

写真を何点か撮影し歓談。
お忙しい中ありがとうございました。
また、ご来院のお客様には回数券をお買い上げいただきました。ありがとうございます。
湧泉(ゆうせん)ではお買い上げ当日から回数券が使えます。
(^^)/

夕方は空手道場。
A君は頭が痛いと話しながら登場。同級生の話では、
「こいつよー、バスケで転んで頭打って血が出てやんの」
だそうです。同情はされず何のために受身習ってんだと、突っ込まれていました(笑)。
B君は本日は見取り稽古です。どうしたか聞くと、
「連合運動会でリレーの選手になって出場したが、前の相手を追い抜かしたら、追い抜かした子が手に持っているバトンで腰を突かれた。激しく振って走っていたので痛かった」
そうです。
みんな良く動くからでしょうか?
おっちょこちょいなのでしょうか?

そんなケガのしかたが有るのか、と驚くことも多々あります。
エネルギーの塊のような彼(彼女)らを見ていると、小・中学校の先生のご苦労が忍ばれます。



今日のテーマ
  「施療時間は何分ぐらい?」

施療院には色々なスタイルがあります。

・お客様のお身体の状況に合わせて、施療時間をその都度決定していく
(同じお客様でも、ある日は90分、ある時は30分など)

・お客様のご指定により施療時間を決定していく
(今日は**分でお願いね☆)

上記が各施療者の考え方の違いになります。
・お客様のお身体の状況にその都度対応するべきではないか
・プロなのだから、指定された時間でしっかりと対応するべきではないか

湧泉(ゆうせん)では、施療時間を最初に決定しておきます。
問診や触診により施療時間を考えたり、ご連絡をいただいたときに「**分で」と指定を受けたりいたします。
お客様のご予定など、諸事情により決定していただいたお時間の中で、ベストを尽くしていきます。

しかし、状況によっては「それは**分では難しい」などがございます。
そのような時は、キチンとお身体の状況と、それに対応していく施療の方向を説明させていただいてます。

だらだらと、施療時間や回数を引き延ばしたりすることはございません。
ご安心ください。


にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2006年10月21日 08時04分04秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*