西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。

仲間に助けられました(^^;)。

昨日(27日)は私が元気を頂きました。

東洋医学では怒・喜・思・憂・悲・恐・驚の7つの感情を『七情』と呼び現しています。
喜びも過ぎるのも身体に悪いのです。前日の大盛り上がりの結果は朝起きたら、すっかり抜け殻あるいは真っ白な灰に。
決して単純な二日酔いではございません。飲み過ぎと、はしゃぎすぎなのですが。。。orz
12時前に【サーフィンのため】茨城に引っ越した、オシャレ中年がご来院。もともと抜群のスタイルの持ち主でしたが、肌の色はツヤのある漆黒になり、体脂肪7%、細身の恐るべきスーパーボディとなりました。
しかし、海に入りすぎ(笑)。身体はパンパンです。
上手になるのと、健康になる運動は違うんだと話して、腰回り背中、首などのストレッチ数種、食事と睡眠のタイミングなどをレクチャー。
引っ越し先の環境が衣・食・住ともに最高のようで、言葉も強く弾んでおります。
施療終了後に気がつくと、私の虚脱感もすっきりし、ヤツには負けられないと、身体の中からわき上がるパワーが!!
ありがとう、助かったよ!!
遠くなったけど時間を見ていつでも来てくださいね。
アリガトサン(*^ - ^*)ゞポリポリ




今日のテーマ
 「少しだけにしましょう」

先日のことです。
お身体が疲れたときにお見えになるお客様からご予約を頂きました。
いつもしっかりと施療をお受けになるのですが、ご来院いただきお話を伺っていると、
「実は昨晩から…」
と言い出しにくそうに、、、
ズボンの裾をめくるとジンマシンのような赤い湿疹がポツポツ出来ています。全身ではないのですが、結構広範囲にわたっています。
「平気でしょうか?施療できるのでしょうか?」
と尋ねられました。
私の考えは、
・施療を行うと血行が良くなる
・赤くなっているところを上から押圧、押し回しするのは如何なものか
・ポツポツが出来たばかりなので、まずはお医者様の診察
などを考慮して、取りあえず施療は行わずに様子を見ることに。
しかし、
「腰が痛くてどうしようもない。身体も疲れている」
と訴えられています。
そこで、腰回りは湿疹も出ていなかったので、

・腰を中心に短時間施療(緩解・骨格調整)して後は様子を見ていきましょう。お医者様に施療(押圧・押し回し)を受けるのは可能なのか確認してください。
といたしました。
施療の可能性としては、体調の変化にも対応できるので、対処の仕方もあると思いますが、いかんせん急性期にはお休みすることが大事だと思います。
思わぬ体調の変化もございます。問診の時などにご遠慮せずにお話しください。

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2006年08月28日 07時33分00秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*