西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。

タイトな一日でした!

先日(23日)はキッチリ予定が入りました。

午前中、昼過ぎまで品川近辺用チラシをプリント。
インクがなくなったので買いに行こうとすれば、ご予約のお電話。
天王洲アイルの高級マンションです。急遽、準備して出発。
施療後にインク購入。帰宅せずその足で道場へ。
帰宅、食事、仮眠。
Gyao放送を確認して、ホムペ、ブログなどに書き込み。
ちょっと寝たと思ったら、起床時間(5:25)。
施療院のマット、タオルなどを洗濯機に放り込み、道場へ。
32℃を余裕で仏血義理の中、一日中稽古。
久しぶりに泣きたくなりました。
(^^)/
帰宅後は、ダイエットコーラ1500ml一気飲み。
爆睡です。



今日のテーマ
 「程度問題なのです」

先日アップしました、
>まずはほぐれること。それを持って徐々に圧力を上げていきます。
>お客様の身体を考えずにグイグイ、ゴリゴリは違うと私は考えます。
この二点は私の施療の基本的な考え方です。
しかし、何事も極端になるのはよろしくないと思います。私も過去に苦い経験がございます。(^^;)

“お客様の身体を診る”ことが出来ずに、自分の感覚だけで柔らかい圧を使っていると、
「何やってるの? 全然感じないよ」
とストレートなお言葉を頂きました。
「いきなり強い力ではなく〜〜」
と説明いたしました。

「そんなこと言ったって全然感じないよ! 理屈は良いからもっと強くやってよ!!

確かにお客様のお身体はもの凄い筋肉の発達と、異常に強いハリやコリがあります。そこまで言うのならとフルパワーで勝負!
「あー、気持ちいい。それだよそれ!サイコー」
ともの凄く高く評価していただきました。
その後、数日間具合を確認いたしましたが、どこも痛みが残っておらず快調であると報告していただきました。
(多少の不安があったのですが、正直驚きました。あんなに強く押したのに!)

その後、4トントラックのクラッチ板を一人で交換できる職人さんや、130團ーバーの方など並の身体ではない方に随分褒められるようになりました。
「あそこのは撫でるだけなんだよ〜」
と、他の施療のグチを聞けるようになったのもこの頃からです。
当たり前のことですが、受け止める身体と必要とされる力との相関関係を実感いたしました
(大きい身体なら強いのかと言えば、全てではありませんが)
何事も経験ですが、正直なご感想を話してくだ去ったことに感謝しております。
ありがとうございました。

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2006年08月25日 10時22分14秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*