西大井の静かな住宅街で開業しております。 「施療中は“痛くない”、施療後は“安らぎと満足感”」がテーマ。 派手なパフォーマンスの無い、女性でも安心できる整体です。

商売繁盛でヒッキーでした。

昨日(20日)も暑かった(ようです)。

おかげさまで土日はお客様も多く、施療院に入りっぱなしでした。m(_ _)m
古書店偵察や足りなくなった文具類の買い出しにも行けません。
時間の合間を縫って、Gyao出演のチラシを考えてみますが、上手く考えが纏まりません。集中力も散漫な気がします。
夏バテかもしれないと、思った瞬間に何処でスタミナをつけるか、そればっかりに思考が集中。
あー、情けない。。。orz
今週末は柔道部のOB会、来週は知人と乾杯。
予定は詰まっています。自重いたしました!

分かる人だけ、、、
「チラシのデザイン」と変換したら、一発目は「チラシのでザイン」となりました。ザインですよ、ザイン、普段何を変換しているのでしょう(自爆)。


今日のテーマ
 「ラッキー健康法」

身体の不調を訴えると、“これで良くなった、助かった”といったアドバイスや忠告などを話してくれる方も多いと思います。
親切心で話してくれるのですが…、
世間には怪しい健康法や、独自の健康観を持っている方も多くいらっしゃいます。
私はこれらの一部に“ラッキー健康法”と名付けています。
いわく、
・稽古すれば治る
・痛いときは一度思い切って動かした方がよい
・要はやる気の問題だ
・etc
確かに劇的な効果を上げるときも有ります。
しかし、それは運が良かっただけだったり、人並み外れた体力、気力を持ち合わせているなどの、一般化できない事が前提になっています。
それを踏まえて、「私はこうしている」と話せればよいのですが、人に押しつけてくる方も結構いらっしゃいます。
ご自分で良い結果を出しており、強い自信を持っているため、相手の心に響きます。
客観的に見れることが大事であり、しっかりとした選択眼を持って、負けないで対応いたしましょう。
「それはあなたの場合でしょ!」 
「私にはとても真似できません ε- (´ー`*) フッ」
を心の支えにして、次回はもう少しアカデミック(笑)な考え方をアップしてみたいと思います。
トンデモない事例も少しだけ…。

しかし、先輩であったり、上司であったり、親切心から出ているので、実践を勧められると困るんですよね。。。orz

にほんブログ村 健康ブログへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 格闘技ブログへにほんブログ村 アニメブログへ

↑よろしかったらポチっとなのご協力をお願いします。(人´∀`*)☆ミ

Posted at 2006年08月21日 08時30分31秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*