『美と健康 そして 地球環境浄化』をテーマに、地球とみなさんの未来のため、私たちは頑張っています。 〒891−0113 鹿児島県鹿児島市東谷山2−6−3第2山口ビル2F TEL 099−260−3741  フリーダイヤル 0120−603741   FAX 099−267−5575 Email dress765@yahoo.co.jp
メインメニュー
2007-12-12 の記事

クローン病を



あっという間に今年もあと半月ほどとなりました。
12月は、何かとあわただしいですね。



この前は、ビーワンのA講習がありました。
今回は、岡山の仲間先生に、現代の難病といわれるクローン病を
克服された体験談を中心にお話していただきました。

そのお話の一部です。

美容師になった最初のころから、手荒れがひどくて、でも、スタイリストになったら
よくなるよと、オーナーや、先輩に言われて、11年も、我慢して、続けていたら、
あるとき、急に高熱が出て、ものすごい腹痛に襲われてしまったそうです。
下痢が止まらずどんどんやせていき、治まったとおもったら、今度は、
出血しはじめたので、病院を何件かまわったところ、クローン病と診断されたそうです。
この病気は、難病指定されているくらいなので、治療法も確立されていないし、
治ることはないといわれたそうです。

とにかく、食事療法と、あと、薬や強力なステロイドを使って、症状や出血を抑えるしかなく
特にカラー剤に含まれるジアミンに反応してしまうので、カラー剤もさわることができず、
それ以前に、普通に仕事のできる状態ではなかったそうです。
とにかく、下痢や、出血がひどく、腹痛で、失神してしまうこともあったそうです。

なので、奥さんには、パートに出てもらい、内職をする生活になり、
しかも、幼い子供も抱えているので、これはほんとに何とかしないとと、ある人に相談したところ、「美容師なんだから、カットだけだったら、一日3人ぐらいすれば、一万円ぐらいにはなるんじゃないのか」ということで、小さなお店をオープンさせたそうです。

しかし、そんな体の状態の人のところには、お客様も来るはずもなく、
とにかく、一番いいといわれるパーマ液、トリートメントを取り入れようと、
実のお姉さんに、モデルを頼んだそうです。しかし、何回かするうち、お姉さんが、
髪が痛むから、もう、やめてくれと言い出したんだそうです。
こんなに、いいトリートメントをたくさん使っているのに、痛むなんてどういうことかと・・。

そのお姉さんの通っている美容室は、ビーワンというお水を使っているというので、
それだったら、モデルになるということで、それが、ビーワンとの出会いだったそうです。

はじめは、はっきり言って、ビーワンの良さは、あまりわからなかったそうです。
確かに、ツヤや、手触りはいいけど、でもそれは、ヘアクリームや、ツヤ出しスプレーでも
作れるものだし、お姉さんが、絶賛するほどのものでもないなと思っていたそうです。
それでも、続けていたら、まず、リピートで帰ってくるお客様の髪がきれいになっていき、そして「染みなかった」、「ひりひりしなかった」、「かゆみがなかった」というお客様の声が聞こえ始め、それよりも何よりも、自分の体が、どんどん楽になっていったそうなんですね。

そして、ふと気づくと、ふつうに生活ができているので、ある時、
病院にいって、検査してみたら、いくつもあった潰瘍が、全部なくなって、
腸がとてもきれいになっていたそうです。

それ以来、何年も病院に行くこともなく、薬も飲まず、今日に至っているそうです。
今では、普通どころか、全国を、講師活動で、飛びまわれるほど、元気になっていらっしゃいます。

このほかにも、いろんなお話をたくさんしてくださいましたが、機会があれば、
ぜひ、皆さんに聞いていただきたいお話でした。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックよろしくお願いいたします。
感謝してます。

         ↓

人気blogランキングへ



Posted at 2007年12月12日 19時50分02秒  /  コメント( 0 )