『美と健康 そして 地球環境浄化』をテーマに、地球とみなさんの未来のため、私たちは頑張っています。 〒891−0113 鹿児島県鹿児島市東谷山2−6−3第2山口ビル2F TEL 099−260−3741  フリーダイヤル 0120−603741   FAX 099−267−5575 Email dress765@yahoo.co.jp
メインメニュー
2006-10-11 の記事

ワールドトレードセンター


映画「ワールドトレードセンター」を見てきました。
あの、9・11テロを題材にしたものです。
主演は、ニコラス・ケイジ。監督は、プラトーン、JFK等の
オリバーストーン監督です。

あのテロに関しては、何万人もの人々に、
それぞれの体験があると思うのですが、
この映画は、その中の、ワールドトレードセンター
の瓦礫の中に生き埋めにになって、生還した、二人の
警官の実体験をもとにつくられたものです。

今回の映画は事実を淡々と、リアルに描いていて、
ドキュメントで、政治的なメッセージ性はあまりないといわれます。
オリバーストーン監督にしては、映像も衝撃的なシーンはあまりないのですが、
この作品からは、愛と、希望の、メッセージがひしひしと
伝わってきます。

錯綜する安否の情報。それによって、地獄から天国へ、
そして、天国から地獄へ突き落とされる家族の姿。
自分の死も覚悟して、使命を感じて、救出に向かう、警官、消防士、
緊急活動隊員、海兵隊員etc.

いろんなことを考えさせられる映画でした。

メインのシーンではないんですが、
主人公の奥さんが、
息子さんの生還を待つ黒人の女性と話すシーンで、
黒人の女性が、

「息子は、あのビルのレストランで働いてたの。
昨日、息子の帰りが遅くて、夕飯を無駄にしたので、
息子を怒鳴ってしまって・・・」

と泣くシーンがなんかせつなかったです。

エンドロールで、ずっと犠牲者のお名前が、出てくるんですけど、
しばらく、席立てなかったですね。

おすすめの映画です。

ブログランキングに参加しています。
ここは、よいしょと、ポチっとクリックお願いします。
感謝してます。
   ↓
人気blogランキングへ
 


Posted at 2006年10月11日 10時59分11秒  /  コメント( 0 )